忍者ブログ
いらっしゃいませ。^o^ようこそ「エンタメおしゃべり帳」へ!^o^ 大量のスパムコメントに業を煮やしたので、コメントを戴ける場合はお手数ですが、「comment」とコメント本文中に入力お願いしますm(__)m コメント投稿認証コード=comment
02
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 新国立劇場「ルサルカ」&オペラ「古事記」

    今月10日頃にNHK BSプレミアムで放送された「ルサルカ」と「古事記」の二本立て放送ですが・・・2週間経って昨日になってやっと全部観ました。^_^;;

    まず、「ルサルカ」ですが、全曲で観たのは今回でまだ2回目。^^;
    最近は時代設定を現代に置き換えた演出が非常に多くなってる様な感じがするので、"もしかしたら新国立劇場も現代ヴァージョン「ルサルカ」かな?"・・・って勝手に推測。^^;

    それで、実際に観てみたら・・・

    最初はルサルカの自室の様な感じの場所から始ってる事と、その場所が、何となく今風的に感じたから、現代版って感じに思えました。
    しかし、それから進んでいくと・・・時代設定を置き換えている様な感じには見受けられなかったですね。^o^

    ルサルカや外国の王女が着てるドレスとかはコンサートドレス的に感じたけど、全体的には違和感無しに自然に馴染めました。^_^

    1幕のルサルカが歌うアリア「白銀の月」の時に出て来る満月(アリアより前から満月は出てたと思うけど)の描写が凄く幻想的で素敵でした。*^o^*
    観てるだけで癒される!^o^
    それに、ルサルカを歌ってるソプラノ歌手は声は若干硬いかな・・・って気もしなくも無かったけど、彼女が歌う「白銀の月」は淡い雰囲気で素敵でした。^o^

    それぞれの歌手に関しては別に特別にどうとかは感じなかったけど、ずっと前に初めて観た舞台よりは退屈間無く観れた気がします。^_^



    先程の新国立劇場の「ルサルカ」の放送に続いてやってたのが、東京文化会館でのオペラ「古事記」のライブ映像。

    このオペラ、作曲家が黛敏郎(字合ってたかな^^;)だから、日本語で歌われるものと思い込んでました。^_^;;

    しかし、このオペラ、ドイツ語の台本で作曲されたオペラらしいですね。^o^
    オーストリアの劇場からの依頼で作られたオペラだと言う事で、台本がドイツ語ってのは納得できる。^^;

    それにしても、ビックリしたのは、何と、ドイツ語の台本を作ったのがオーストリア人じゃなくて、日本人だってのがワオー!!!!(^^)!って感じ!^^:
    その日本人が担当したドイツ語の台本に校訂を現地の人が担当してるのでしょうね。^_^

    それで、最初と最後に語り部が登場してるのですが、語り部は日本語だった。
    それで、本編はドイツ語。。。^_^;;
    観ていて、本編がドイツ語だったら、いっその事、語り部もドイツ語にしてしまえば良いのに!・・・とも若干思えたりもしてしまったけど・・・^^;

    元が日本最古の歴史書が題材だし、全部ドイツ語にしてしまうより、やはり日本の文化をどこかに取り入れる必要もあるって事で語り部だけ日本語にしたのかな?・・・とも勝手に推測。^^;
    この語り部、能楽なのか、狂言なのか・・・そんな感じの語り口調でしたよね。^o^
    語り部を担当した役者さんの名前からしたら能楽の人なのかな?

    「古事記」っていう歴史書だけは高校の時の歴史の授業で聞いて忘れずに知ってた。
    日本古来の歴史書って言えば、「古事記」「日本書紀」とかが思い浮かぶ。
    だけど、それらの名前を知ってただけで、内容的なものはどうだったかって聞かれたら答えられない状態でした。^^;
    だけど、今回観たライブ映像で、「古事記」の内容を一部だけでも知る良いきっかけと感じましたね。^o^

    音楽的なものは、やはり現代日本音楽の典型的なものを感じる。^o^
    まず、凄いと感じたのは、日本人が作曲した音楽にドイツ語の歌詞が見事にマッチしてるのが凄い!^o^
    最初は、"えぇ~、ドイツ語?!(;O;)"って正直思えたけど、強烈なくらいに日本人の音楽にドイツがハマってたからねぇ!!!!(^^)!

    だけど、よく考えたら、西洋のクラッシック音楽でも、ドイツ語圏のモーツァルトはイタリア語のオペラを沢山作曲してるし、イタリアの作曲家ドニゼッティだってフランス語のオペラを作曲してるし、ヴェルディだって、フランス語のオペラも作ってるからね。
    だから、今回の「古事記」もそういうのと一緒なんだ・・・とも感じました。

    このオペラ、ダンスもどちらかと言うと若干エネルギッシュって雰囲気感じたなぁ。^o^



    -------------------------------------------------------------------

    大量スパムコメント対策につき、コメント投稿の際は、必ず本文の中に「comment」と入力して下さいます様お願いします。

    拍手[1回]

    PR

    nobuさん
    comment res

    このオペラって内容はファンタジー的な悲劇でメルヘンチックな雰囲気漂う悲劇って感じですね。^o^
    「白銀の月」は本当に淡い感じで、聴くだけで凄く癒されるアリアです。^o^

    確か、このオペラは童話の「人魚姫」とかベースになってるみたいですね。^o^
    メルヘン的で癒されますね
    ルサスカは「白銀の月」のステキなアリアしか聴いたことないですが、水の妖精が美しい王子を愛し人間となって彼と一緒になりたい、という題材はメルヘン的でロマンチックですね。
    「comment」
    えうりでぃちぇさん
    comment res

    オペラは個人的には西洋もの好みですが、「古事記」は有名な書物でありながらも、詳しい内容を理解してなかったので、この書物の内容に触れる良いきっかけと思って鑑賞しました。

    私も、本編全部がドイツ語だったのには驚きましたが、音楽にドイツ語が馴染んでいて自然に聴けました。^o^

    特に印象深かったのが、アマテラスを歌った浜田理恵さんの美声が素敵でしたね。^o^
    無題
    こんにちは。
    「古事記」もご覧になったんですね。私はこちらはパスしちゃったんですよ・・ドイツ語歌詞なんですか。てっきり日本語だと思ってました。いつかまた放送されたら、見てみたいと思います。
    「comment」
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    非公開コメント
    [449]  [448]  [447]  [446]  [445]  [444]  [443]  [442]  [441]  [440]  [439
    カレンダー
    01 2017/02 03
    S M T W T F S
    1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28
    フリーエリア
    「管理人便り」
    お客様に伝えたい事は「管理人便り」に書いていきますのでぜひチェックして下さいね。^^;


    良かったらクリックしてやって下さいね!
    「Web拍手ボタン」クリックでYUKI@管理人へ1000文字程度のメッセージを送信出来ます。
    今後はこちらでWeb拍手メッセージの返信を書かせて頂きます。

    メールで返事が欲しい方は下記URLからメッセージをお願いします。
    http://6714.teacup.com/yuki178/mbox

    投票イベント「現代ヴァージョン化したら似合いそうなオペラ!」
    このBlogについて
    当Blogはオペラ・クラッシック音楽・映画・その他芸能やゲーム等のエンターテイメント関連を中心とした雑記Blogです。
    皆様からのコメントをお待ちしております。

    良かったら来て下さった記念にゲストブックに書き込みして下さいね!(^_^)

    コメント投稿欄のパスワード入力フォームはコメント編集用です。
    ただし編集出来るのはコメント本文だけでPNは直せなかった事が分かっています。
    ちなみに、削除は出来ませんので、削除したい場合は下のメールリンクからYUKI@管理人に知らせて下さいね。

    お客様からのコメントにYUKI@管理人がレスを書いた時はコメント一覧のお客様のPNの所にメモ&鉛筆マークが付いています。
    テンプレートに寄ってはYUKI@管理人が書いたレスが名無しになる事も。。。(^^;)

    コメントは営利目的・個人攻撃・無断個人情報掲載・記事と全く無関係のコメントはご遠慮願います。
    該当コメントは見つけ次第即刻削除します。
    当Blogでは宣伝目的防止の為にトラックバックは管理人認証掲載にさせて頂いています。
    トラックバックの設定はクラッシック音楽の関連のみとさせていただきます。
    記事と全くかけ離れた内容のトラックバックは掲載せずに削除しますのでご注意下さい。
    トラックバックの際はコメントを書いていただけた方が有難いです。

    「管理人詳細プロフィール」



    当Blogはリンクフリーですので別に連絡は要りません~!(^o^)

    YUKI@管理人の別主要Blog
    良かったら来て下さいね!(*^o^*)
    コメントも頂けたら嬉しいです!(^o^)

    「おしゃべり写真館」

    「おしゃべり日記帳」

    「ルイス・リマの私的ファンBlog」

    mixiのゆき@管理人プロフ
    最新コメント
    [09/30 ゆき@管理人]
    [09/28 nobu]
    [06/09 ゆき@管理人]
    [06/09 nobu]
    [03/26 ゆき@管理人]
    [03/26 nobu]
    [03/26 ゆき@管理人]
    [03/26 えうりでぃちぇ]
    [03/06 ゆき@管理人]
    [02/28 ゆき@管理人]
    [02/27 nobu]
    [02/16 ゆき@管理人]
    [02/14 えうりでぃちぇ]
    [02/07 ゆき@管理人]
    [02/06 nobu]
    [01/06 ゆき@管理人]
    [01/05 nobu]
    [01/04 ゆき@管理人]
    [01/04 えうりでぃちぇ]
    [09/09 ゆき@管理人]
    プロフィール
    HN:
    ゆき
    年齢:
    49
    性別:
    女性
    誕生日:
    1967/12/06
    職業:
    主婦
    趣味:
    映画・オペラ鑑賞
    自己紹介:
    映画「スター・ウォーズ」とテノール歌手ルイス・リマの大ファンです!
    他ではプレステ2等でゲームもやる事も。。。

    ●持っているゲーム
    「サルゲッチュ2」
    「サルゲッチュ3」
    「サルバトーレ」
    「ミリオンモンキーズ」
    「聖剣伝説2」
    「聖剣伝説3」
    「聖剣伝説/Legend of Mana」
    「聖剣伝説4」

    ●好きな音楽
    ヴェルディ、プッチーニ、ドニゼッティー等のイタリアオペラが大好きです!
    フランスもののグノーあたりも好きですね!

    ●ちなみにmixiに加入しています。
    私の検索キーワードは「ゆき スター・ウォーズ 聖剣伝説 ルイス・リマ」です!

    mixiでのニックネームは「★☆ゆき☆★」です。
    このBlogのプロフ画像と同じ画像を使っています。
    バーコード
    ブログ内検索
    カウンター
    フリーエリア
    アクセス解析
    フリーエリア


    この「コシ・ファン・トゥッテ」どちらも同じだけど、国内盤と輸入版で、輸入盤はメイキングみたいな映像があって面白い!^o^
    リージョンALLなので普通のDVDプレーヤーでも大丈夫の筈。^o^





        ◆ graphics by アンの小箱
        ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]