忍者ブログ
いらっしゃいませ。^o^ようこそ「エンタメおしゃべり帳」へ!^o^ 大量のスパムコメントに業を煮やしたので、コメントを戴ける場合はお手数ですが、「comment」とコメント本文中に入力お願いしますm(__)m コメント投稿認証コード=comment
02
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • オペラ「仮面舞踏会」とコミック「ベルサイユのバラ」との意外な接点

    前回の日記でヴェルディのオペラ「仮面舞踏会」にまつわる史実を調べて書いていたらWikipediaの解説を見て、このオペラと映画にも宝塚歌劇にもなったコミック「ベルサイユのバラ」と微妙な接点(?)がある様な気がしました。^_^

    ハッキリ言ってオペラ「仮面舞踏会」とコミック「ベルサイユのバラ」とは全く接点はありませんので誤解の無いように・・・^_^;;

    接点があるというのは史実にまつわる事なのです。

    オペラはスウェーデン国王グスターヴォ3世が友人レナートの妻と不倫関係みたいになって、それがレナートが気付いてしまい、その恨みから復讐を誓って国王を殺してしまうと言うもの。。。

    しかし史実では不倫に関する事は書かれていないので、ヴェルディのグスターヴォ国王&アメーリアの不倫はフィクションかもしれません。
    ただ、Wikipediaの解説によると、同性愛者という噂もあったみたいですけど。。。

    ちなみにコミック「ベルサイユのバラ」は私も子供の頃に愛読したコミック。

    最近はこのコミックを読んでいないので僅かに残る記憶に基づいて書いていきますが、確か、マリー・アントワネットがフランスへ輿入れして、そこからフランス革命に至って国王ルイ16世と共に処刑されるまでの事が描かれていたと思います。

    それで、「ベルサイユのバラ」にはハンス・アクセル・フォン・フェルゼンという人物が登場していましたが、実は、このフェルゼンは実在の人物で、彼の父がグスタフ3世殺害の黒幕の噂もあったと解説されていました。
    しかし、これも実際は闇の中らしいですが・・・^_^;;

    ちなみに、この「ベルサイユのバラ」に登場したフェルゼンはグスタフ国王の臣下らしいですね。

    もしかしたら・・・オペラに出てきたオスカルは史実ではどうなのかな?
    架空人物なのか・・・
    それとも・・・まさか・・・フェルゼン?・・・多分違うよね?

    それで、フランス革命が起こった時にグスタフ3世がこのフェルゼンをスパイとしてフランスに送り込んだらしい。^_^;;
    「ベルサイユのバラ」もフェルゼンはスウェーデンの貴族みたいに描かれていたと記憶していますが・・・
    それで、「ベルサイユのバラ」の主人公オスカルの死後だったか?・・・国王夫妻は逃亡しようとしていたと思うのですが、これはフェルゼンが行ったのを裏でグスタフ3世が手引きしていたとか・・・

    こんな所で、オペラ「仮面舞踏会」とコミック「ベルサイユのバラ」は接点は無いものの、史実で意外な接点があったので興味を持ちました。

    オペラ「仮面舞踏会」が政治的理由で上演禁止になったのは初演のナボリでは当時フランスの統治下と言う事で検閲に引っかかったとされている。。。

    これは、やはりグスタフ3世がフランス革命に関わっていたからでしょうかね?
    しかも、革命を起こす側ではなく、追われる身の国王夫妻を助けようとしている感じですから。。。^_^;;

    前回の記事をカキコした時は解説もザッと読んだだけだけど・・・
    政治的な所をしっかりと読むと・・・
    「仮面舞踏会」が上演禁止に追い込まれて舞台をアメリカに変えたのも分かる気がする。。。^_^;

    しかし上演禁止処分はフランスの統治下ということだけど・・・
    グスタフ3世に失礼と感じて禁止されたのか?・・・それとも・・・その逆か不明です。。。
    もしかすると別の理由もあるのかもしれないけど・・・
    分かっているのは検閲に引っかかって上演禁止になったのは政治的な理由と言う事だけです。^_^;;

    拍手[0回]

    PR

    「仮面舞踏会」と史実

    「オペラと史実」のコーナーですが、今度はヴェルディのオペラ「仮面舞踏会」を取り上げちゃいましたよ~!(^o^)

    ヴェルディのオペラ「仮面舞踏会」では「グスターヴォ3世」となっていますが、このグスターヴォ3世は18世紀中期~後期に実在したスウェーデン国王グスタフ3世がモデルとなっているオペラの筈です。

    ちなみにヴェルディの「仮面舞踏会」は最初はグスターヴォ3世を主人公にしていたけど、確か政治的な理由で検閲か何かに引っかかって主人公を「リッカルド」に変更したとかって言うエピソードがありましたねぇ。^_^;
    だけど、現在はオリジナルのグスターヴォ3世で上演されていますよね。
    リッカルドでもグスターヴォでもどっちでも上演されています。

    さて、この史実ですが・・・

    グスターヴォ3世(リッカルド)は当然、グスタフ3世で、この国王の暗殺事件を取り上げたとされるオペラです。

    オペラではグスターヴォ国王にはレナートという親友がいるのですが、この国王、実は親友レナートの妻アメーリアと不倫みたいになっちゃうんだよね。-_-;
    それで全く妻の不倫に気づかなかったレナートが突然何らかの拍子に妻の不倫に気づいて最初は妻を責め続けながらも、"自分が復讐するのは妻ではなく、国王グスターヴォ!"とグスターヴォへの恨みを募らせて復讐を誓い、国王は大の親友に復讐されるという結末なんですよね。

    しかし、史実(Wikipedia)を見てみると・・・

    どうやらオペラで描かれている不倫は暗殺とは関係なさそうだね。。。^_^;
    グスタフ3世には王妃はいたけどあまり仲が良くなかったみたい。
    同性愛者って解説もあったね。。。^_^;;

    それで、暗殺されたのは政治的な恨みで貴族の増税をやってたらしくて、そんな恨みでもかってたのか?・・・って感じの解説がなされています。
    この国王は貴族からは反感を買ってたみたいですが、農民からは支持されていたらしいですね。^_^

    オペラで描かれている不倫に関してですが・・・

    晩餐会や舞踏会なんかのパーティーで年配の婦人達とばっか談笑してたって噂があったって書かれているんだけど・・・

    このエピソードがオペラで描かれた不倫につながったのかどうかは???です。。。^_^;;


    あと、史実で興味深かったのは・・・

    オペラで占い師のウルリカって女性が登場してましたよね~?!^_^

    史実はグスタフ3世の母がロビーサ・ウルリカなんだって~!!!(゜o゜)

    一瞬、ビックリ!^_^;;

    オペラに登場する占い師ウルリカはグスターヴォ3世が自分の運命を聞こうとすると、「聞かない方が良い!-_-;」って感じで言うのをしぶってた感じだけど、お告げは「握手した人間に殺される!」って言ったのですよね?!
    それで、なかなか誰も握手しないけど、結局はレナートと握手しちゃったんですね。
    それでレナートに殺されるんですね。。。

    史実のグスタフ3世はやっぱ演劇とかの華やかな芸能ごとみたいなのが好きだったみたいですね。
    それで、仮面舞踏会の最中にピストルで撃ち殺されたらしいです。

    オペラではその場で死亡したように描かれていましたが、実際は即死ではなく、手術して合併症を発症して2週間後に死亡したみたいです。

    享年46歳という事だったそうです。


    Wikipediaの解説はこちら

    拍手[0回]

    ルクレツィア・ボルジアと史実

    時々読ませて頂いているrosina様のBlogのペーザロの旅行記にルクレツィア・ボルジアに関する事が触れられていたので調べてみました。(^o^)

    ちなみに「ルクレツィア・ボルジア」はドニゼッティのオペラ。
    私はこのオペラはまだ未知のオペラなのですが、アリア「あの魔法のなんと美しいこと」は持っているアリア集に入っています。(^_^)
    これもまだ歌った事無いけど・・・^_^;;

    オペラはまだ聴いたことないのだけど、このオペラのヒロインであるルクレツィア・ボルジアもどうやら実在の人物であった様なので適当に検索してみました。

    Wikipediaでの解説によると、ルクレツィア・ボルジアって15世紀の終わり頃から16世紀初頭に実在した女性みたいですね。

    父は当時のローマ教皇アレクサンドル6世だそうですが、母はこのアレクサンドル6世の愛人だったみたいです。
    それで兄がかなり悪そうな人間であるチェザーレ・ボルジアなのですが・・・

    Wikipediaの解説よ読むと悪者みたいに書かれている兄チェザーレは・・・
    悪者の様でありながらも、本当は妹思いの兄であったようなところも伺えますね。

    ルクレツィアは何度か夫が変わっている様ですが、チェザーレが妹の恋人や結婚相手を殺しているんですよね。-o-;
    そんなところがチェザーレが悪者扱いされる面かもしれません。^_^;;
    まぁ言っちゃえば・・・

    妹に政略結婚させたいために妹が恋に落ちて結婚した男性を殺しちゃったって事みたいなんですぅ~!-o-"
    その背景が死別でないと再婚させられないからとか・・・^_^;

    3回目の結婚では何だかややっこしい事に。。。^_^;;

    フェッラーラ公アルフォンソ1世と結婚したけど、義妹の夫と不倫関係になったとかって書いてあるけど、これもどうか分からんみたいな感じ?^o^;;

    結局は最期は産褥で死亡してしまったみたいです。

    ルクレツィアって一見すれば恋多き女性みたいに感じますが、実際には兄に殺された恋人も何人かいるから「兄に常に監視されている」ってのも変な言い方かもしれないけど・・・なんていうのか・・・やはり背景には「家を守る」って事でその為の犠牲になっていたりして。。。^_^;;

    悪者扱いされているチェザーレは妹が恋に落ちた相手を殺したりしてたけど妹が体調悪い状態になった時は付き添ったみたいだし、また妹も兄チェザーレが捕らえられた時に兄の釈放にあたっての協力を不倫相手(?)ゴンザーガに求めたって事らしいので、ルクレツィアとチェザーレの兄妹愛みたいなものも感じます。^_^

    この当時はけっこう政略結婚が多かったのですよね?!
    殆どそうだったりして。^_^;;

    家を守りたい為に妹や娘に対して政略結婚をさせるってのが当たり前の時代だったのかもしれません。


    ちょっと余談っぽいですが^_^;;

    ペーザロって言えばロッシーニの生誕の地でイメージ的にはロッシーニのイメージが非常に強いですよね~!^_^;
    だけど、「ルクレツィア・ボルジア」ってこのペーザロもゆかりの地なんですねぇ?!^o^

    ルクレツィアが最初に嫁いだのがペーザロのジョヴァンニ・スフォルツァだったようです。
    だけど、この結婚生活はイマイチだったみたいですねぇ。^_^;
    これは彼女の父親が離婚&再婚させたい為に夫婦を引き離そうと仕組んで不仲にさせちゃったみたい。
    どうしても政略結婚させたいんだよね?-o-;

    拍手[1回]


    カレンダー
    01 2017/02 03
    S M T W T F S
    1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28
    フリーエリア
    「管理人便り」
    お客様に伝えたい事は「管理人便り」に書いていきますのでぜひチェックして下さいね。^^;


    良かったらクリックしてやって下さいね!
    「Web拍手ボタン」クリックでYUKI@管理人へ1000文字程度のメッセージを送信出来ます。
    今後はこちらでWeb拍手メッセージの返信を書かせて頂きます。

    メールで返事が欲しい方は下記URLからメッセージをお願いします。
    http://6714.teacup.com/yuki178/mbox

    投票イベント「現代ヴァージョン化したら似合いそうなオペラ!」
    このBlogについて
    当Blogはオペラ・クラッシック音楽・映画・その他芸能やゲーム等のエンターテイメント関連を中心とした雑記Blogです。
    皆様からのコメントをお待ちしております。

    良かったら来て下さった記念にゲストブックに書き込みして下さいね!(^_^)

    コメント投稿欄のパスワード入力フォームはコメント編集用です。
    ただし編集出来るのはコメント本文だけでPNは直せなかった事が分かっています。
    ちなみに、削除は出来ませんので、削除したい場合は下のメールリンクからYUKI@管理人に知らせて下さいね。

    お客様からのコメントにYUKI@管理人がレスを書いた時はコメント一覧のお客様のPNの所にメモ&鉛筆マークが付いています。
    テンプレートに寄ってはYUKI@管理人が書いたレスが名無しになる事も。。。(^^;)

    コメントは営利目的・個人攻撃・無断個人情報掲載・記事と全く無関係のコメントはご遠慮願います。
    該当コメントは見つけ次第即刻削除します。
    当Blogでは宣伝目的防止の為にトラックバックは管理人認証掲載にさせて頂いています。
    トラックバックの設定はクラッシック音楽の関連のみとさせていただきます。
    記事と全くかけ離れた内容のトラックバックは掲載せずに削除しますのでご注意下さい。
    トラックバックの際はコメントを書いていただけた方が有難いです。

    「管理人詳細プロフィール」



    当Blogはリンクフリーですので別に連絡は要りません~!(^o^)

    YUKI@管理人の別主要Blog
    良かったら来て下さいね!(*^o^*)
    コメントも頂けたら嬉しいです!(^o^)

    「おしゃべり写真館」

    「おしゃべり日記帳」

    「ルイス・リマの私的ファンBlog」

    mixiのゆき@管理人プロフ
    最新コメント
    [09/30 ゆき@管理人]
    [09/28 nobu]
    [06/09 ゆき@管理人]
    [06/09 nobu]
    [03/26 ゆき@管理人]
    [03/26 nobu]
    [03/26 ゆき@管理人]
    [03/26 えうりでぃちぇ]
    [03/06 ゆき@管理人]
    [02/28 ゆき@管理人]
    [02/27 nobu]
    [02/16 ゆき@管理人]
    [02/14 えうりでぃちぇ]
    [02/07 ゆき@管理人]
    [02/06 nobu]
    [01/06 ゆき@管理人]
    [01/05 nobu]
    [01/04 ゆき@管理人]
    [01/04 えうりでぃちぇ]
    [09/09 ゆき@管理人]
    プロフィール
    HN:
    ゆき
    年齢:
    49
    性別:
    女性
    誕生日:
    1967/12/06
    職業:
    主婦
    趣味:
    映画・オペラ鑑賞
    自己紹介:
    映画「スター・ウォーズ」とテノール歌手ルイス・リマの大ファンです!
    他ではプレステ2等でゲームもやる事も。。。

    ●持っているゲーム
    「サルゲッチュ2」
    「サルゲッチュ3」
    「サルバトーレ」
    「ミリオンモンキーズ」
    「聖剣伝説2」
    「聖剣伝説3」
    「聖剣伝説/Legend of Mana」
    「聖剣伝説4」

    ●好きな音楽
    ヴェルディ、プッチーニ、ドニゼッティー等のイタリアオペラが大好きです!
    フランスもののグノーあたりも好きですね!

    ●ちなみにmixiに加入しています。
    私の検索キーワードは「ゆき スター・ウォーズ 聖剣伝説 ルイス・リマ」です!

    mixiでのニックネームは「★☆ゆき☆★」です。
    このBlogのプロフ画像と同じ画像を使っています。
    バーコード
    ブログ内検索
    カウンター
    フリーエリア
    アクセス解析
    フリーエリア


    この「コシ・ファン・トゥッテ」どちらも同じだけど、国内盤と輸入版で、輸入盤はメイキングみたいな映像があって面白い!^o^
    リージョンALLなので普通のDVDプレーヤーでも大丈夫の筈。^o^





        ◆ graphics by アンの小箱
        ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]