忍者ブログ
いらっしゃいませ。^o^ようこそ「エンタメおしゃべり帳」へ!^o^ 大量のスパムコメントに業を煮やしたので、コメントを戴ける場合はお手数ですが、「comment」とコメント本文中に入力お願いしますm(__)m コメント投稿認証コード=comment
11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • [PR]

    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ルクレツィア・ボルジアと史実

    時々読ませて頂いているrosina様のBlogのペーザロの旅行記にルクレツィア・ボルジアに関する事が触れられていたので調べてみました。(^o^)

    ちなみに「ルクレツィア・ボルジア」はドニゼッティのオペラ。
    私はこのオペラはまだ未知のオペラなのですが、アリア「あの魔法のなんと美しいこと」は持っているアリア集に入っています。(^_^)
    これもまだ歌った事無いけど・・・^_^;;

    オペラはまだ聴いたことないのだけど、このオペラのヒロインであるルクレツィア・ボルジアもどうやら実在の人物であった様なので適当に検索してみました。

    Wikipediaでの解説によると、ルクレツィア・ボルジアって15世紀の終わり頃から16世紀初頭に実在した女性みたいですね。

    父は当時のローマ教皇アレクサンドル6世だそうですが、母はこのアレクサンドル6世の愛人だったみたいです。
    それで兄がかなり悪そうな人間であるチェザーレ・ボルジアなのですが・・・

    Wikipediaの解説よ読むと悪者みたいに書かれている兄チェザーレは・・・
    悪者の様でありながらも、本当は妹思いの兄であったようなところも伺えますね。

    ルクレツィアは何度か夫が変わっている様ですが、チェザーレが妹の恋人や結婚相手を殺しているんですよね。-o-;
    そんなところがチェザーレが悪者扱いされる面かもしれません。^_^;;
    まぁ言っちゃえば・・・

    妹に政略結婚させたいために妹が恋に落ちて結婚した男性を殺しちゃったって事みたいなんですぅ~!-o-"
    その背景が死別でないと再婚させられないからとか・・・^_^;

    3回目の結婚では何だかややっこしい事に。。。^_^;;

    フェッラーラ公アルフォンソ1世と結婚したけど、義妹の夫と不倫関係になったとかって書いてあるけど、これもどうか分からんみたいな感じ?^o^;;

    結局は最期は産褥で死亡してしまったみたいです。

    ルクレツィアって一見すれば恋多き女性みたいに感じますが、実際には兄に殺された恋人も何人かいるから「兄に常に監視されている」ってのも変な言い方かもしれないけど・・・なんていうのか・・・やはり背景には「家を守る」って事でその為の犠牲になっていたりして。。。^_^;;

    悪者扱いされているチェザーレは妹が恋に落ちた相手を殺したりしてたけど妹が体調悪い状態になった時は付き添ったみたいだし、また妹も兄チェザーレが捕らえられた時に兄の釈放にあたっての協力を不倫相手(?)ゴンザーガに求めたって事らしいので、ルクレツィアとチェザーレの兄妹愛みたいなものも感じます。^_^

    この当時はけっこう政略結婚が多かったのですよね?!
    殆どそうだったりして。^_^;;

    家を守りたい為に妹や娘に対して政略結婚をさせるってのが当たり前の時代だったのかもしれません。


    ちょっと余談っぽいですが^_^;;

    ペーザロって言えばロッシーニの生誕の地でイメージ的にはロッシーニのイメージが非常に強いですよね~!^_^;
    だけど、「ルクレツィア・ボルジア」ってこのペーザロもゆかりの地なんですねぇ?!^o^

    ルクレツィアが最初に嫁いだのがペーザロのジョヴァンニ・スフォルツァだったようです。
    だけど、この結婚生活はイマイチだったみたいですねぇ。^_^;
    これは彼女の父親が離婚&再婚させたい為に夫婦を引き離そうと仕組んで不仲にさせちゃったみたい。
    どうしても政略結婚させたいんだよね?-o-;

    拍手[1回]

    PR

    ひさぎさん
    「ルクレツィア・ボルジア」はドニゼッティのオペラなのですが、私も知っているのがせいぜいタイトル程度とわずかストーリーを眺めた程度って感じですね。^_^;;

    >ボルジア家というと毒薬のイメージが強いです。

    そう言えば・・・
    オペラも「毒」に関する事があって、それで毒を盛られたジェンナーロにルクレツィアが解毒剤を与えようとするみたいな解説がなされていますね。

    やはりチェザーレは小説でも野心家の様に描かれていたのですね?-o-;

    Wikipediaの解説もこの一家の近親相愛があるって感じで最初の夫ジョヴァンニ・スフォルツァがルクレツィアを訴えたとされているみたいです。^_^;

    昔はけっこう政略結婚が多かったのでしょうね?!
    歴史的なものを題材にしたオペラで描かれているのはけっこう政略結婚が目立ってますからね。^_^;

    ちなみに「あの魔法のなんと美しいこと」のアリアは私もまだ楽譜を読んでいないのですが、ドレミ楽譜出版社のオペラ・アリア集ソプラノ編に入っていましたね。^_^

    確か、レッスンで先生から「アンナ・ボレーナ」の「私の生まれたお城」か「ルクレツィア・ボルジア」の「あの魔法のなんと美しいこと」のどちらかをやる様に言われて結局は「アンナ・ボレーナ」の方を選びました。^_^;
    ボルジア家
    「ルクレツィア・ボルジア」というオペラがあるのですね!
    初めて知りました。
    機会があったら是非とも観てみたいです。

    ボルジア家というと毒薬のイメージが強いです。
    毒薬を用いて敵を闇に葬ったとの逸話もありますね。
    ちょうど先日、フランソワーズ・サガンの「ボルジア家の黄金の血」を読みました。
    やはりここでもチェーザレは野心家として描かれています。
    小説なので事実関係はわかりませんが、兄チェーザレと妹ルクレツィアとの背徳の愛にも触れています。

    家のために恋する相手と結婚できず、政略結婚させられるのは同じ女性として寂しいことだなと思いますが、この時代はそれが通例だったのでしょうね。

    「あの魔法のなんと美しいこと」というアリアも知らないのですが、アリア集に収録されているということは結構有名どころなのでしょうか。
    こちらも見かけたら聴いてみたいと思います♪
    rosinaさん
    TB有難うございました。m(__)m

    ドニゼッティのオペラは史実を元にしたオペラがかなり多いみたいですが、rosinaさんの旅行記からこのオペラのヒロインも実在の女性だったと言う事で興味を持ちました。o(^-^)o
    リンクありがとうございました
    リンクどうもありがとうございます。
    ルクレツィア・ボルジアについて調べられたんですね。興味深く拝読させて頂きました。こちらからもトラックバックさせて頂きますね。
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    非公開コメント
    この記事にトラックバックする:
    ペーザロへの旅(3)
    10日の朝は、9時5分発のバスでグラダーラへ行った。グラダーラもペーザロからはバスで約1時間の距離である。グラダーラにはフランチェスカ・ダ・リミニで有名なマラテスタの城がある。ペーザロ発のバスはまずはやは海沿いのリゾートである隣町を通り、そこから内陸に入って、
    URL 2008/08/15(Fri)20:00:19
    [221]  [220]  [219]  [218]  [217]  [216]  [215]  [214]  [213]  [212]  [211
    カレンダー
    10 2017/11 12
    S M T W T F S
    1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30
    フリーエリア
    「管理人便り」
    お客様に伝えたい事は「管理人便り」に書いていきますのでぜひチェックして下さいね。^^;


    良かったらクリックしてやって下さいね!
    「Web拍手ボタン」クリックでYUKI@管理人へ1000文字程度のメッセージを送信出来ます。
    今後はこちらでWeb拍手メッセージの返信を書かせて頂きます。

    メールで返事が欲しい方は下記URLからメッセージをお願いします。
    http://6714.teacup.com/yuki178/mbox

    投票イベント「現代ヴァージョン化したら似合いそうなオペラ!」
    このBlogについて
    当Blogはオペラ・クラッシック音楽・映画・その他芸能やゲーム等のエンターテイメント関連を中心とした雑記Blogです。
    皆様からのコメントをお待ちしております。

    良かったら来て下さった記念にゲストブックに書き込みして下さいね!(^_^)

    コメント投稿欄のパスワード入力フォームはコメント編集用です。
    ただし編集出来るのはコメント本文だけでPNは直せなかった事が分かっています。
    ちなみに、削除は出来ませんので、削除したい場合は下のメールリンクからYUKI@管理人に知らせて下さいね。

    お客様からのコメントにYUKI@管理人がレスを書いた時はコメント一覧のお客様のPNの所にメモ&鉛筆マークが付いています。
    テンプレートに寄ってはYUKI@管理人が書いたレスが名無しになる事も。。。(^^;)

    コメントは営利目的・個人攻撃・無断個人情報掲載・記事と全く無関係のコメントはご遠慮願います。
    該当コメントは見つけ次第即刻削除します。
    当Blogでは宣伝目的防止の為にトラックバックは管理人認証掲載にさせて頂いています。
    トラックバックの設定はクラッシック音楽の関連のみとさせていただきます。
    記事と全くかけ離れた内容のトラックバックは掲載せずに削除しますのでご注意下さい。
    トラックバックの際はコメントを書いていただけた方が有難いです。

    「管理人詳細プロフィール」



    当Blogはリンクフリーですので別に連絡は要りません~!(^o^)

    YUKI@管理人の別主要Blog
    良かったら来て下さいね!(*^o^*)
    コメントも頂けたら嬉しいです!(^o^)

    「おしゃべり写真館」

    「おしゃべり日記帳」

    「ルイス・リマの私的ファンBlog」

    mixiのゆき@管理人プロフ
    最新コメント
    [09/30 ゆき@管理人]
    [09/28 nobu]
    [06/09 ゆき@管理人]
    [06/09 nobu]
    [03/26 ゆき@管理人]
    [03/26 nobu]
    [03/26 ゆき@管理人]
    [03/26 えうりでぃちぇ]
    [03/06 ゆき@管理人]
    [02/28 ゆき@管理人]
    [02/27 nobu]
    [02/16 ゆき@管理人]
    [02/14 えうりでぃちぇ]
    [02/07 ゆき@管理人]
    [02/06 nobu]
    [01/06 ゆき@管理人]
    [01/05 nobu]
    [01/04 ゆき@管理人]
    [01/04 えうりでぃちぇ]
    [09/09 ゆき@管理人]
    プロフィール
    HN:
    ゆき
    年齢:
    49
    性別:
    女性
    誕生日:
    1967/12/06
    職業:
    主婦
    趣味:
    映画・オペラ鑑賞
    自己紹介:
    映画「スター・ウォーズ」とテノール歌手ルイス・リマの大ファンです!
    他ではプレステ2等でゲームもやる事も。。。

    ●持っているゲーム
    「サルゲッチュ2」
    「サルゲッチュ3」
    「サルバトーレ」
    「ミリオンモンキーズ」
    「聖剣伝説2」
    「聖剣伝説3」
    「聖剣伝説/Legend of Mana」
    「聖剣伝説4」

    ●好きな音楽
    ヴェルディ、プッチーニ、ドニゼッティー等のイタリアオペラが大好きです!
    フランスもののグノーあたりも好きですね!

    ●ちなみにmixiに加入しています。
    私の検索キーワードは「ゆき スター・ウォーズ 聖剣伝説 ルイス・リマ」です!

    mixiでのニックネームは「★☆ゆき☆★」です。
    このBlogのプロフ画像と同じ画像を使っています。
    バーコード
    ブログ内検索
    カウンター
    フリーエリア
    アクセス解析
    フリーエリア


    この「コシ・ファン・トゥッテ」どちらも同じだけど、国内盤と輸入版で、輸入盤はメイキングみたいな映像があって面白い!^o^
    リージョンALLなので普通のDVDプレーヤーでも大丈夫の筈。^o^





        ◆ graphics by アンの小箱
        ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]