忍者ブログ
いらっしゃいませ。^o^ようこそ「エンタメおしゃべり帳」へ!^o^ 大量のスパムコメントに業を煮やしたので、コメントを戴ける場合はお手数ですが、「comment」とコメント本文中に入力お願いしますm(__)m コメント投稿認証コード=comment
08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • [PR]

    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ルイス・リマってヴェルディ・テノール?モーツァルト・テノール?

    ルイス・リマは中心的に歌っているのはヴェルディやプッチーニ、他はフランスオペラのグノーやマスネー等のリリコ~スピント系のレパートリーが殆どだと思います。
    だから最初に「ドン・カルロ」を初めて聴いた時はヴェルディの中期作品がピッタリのイタリア・オペラ・テノールってイメージが物凄く強かったですね。(^^;)

    しかし、彼はモーツァルトも歌っているんです。

    ルイス・リマのレパートリーの中に「コシ・ファン・トゥッテ」が入っていたのを知った時は、正直言って・・・こんな気持ち。(^^;)

    えっ、この人、モーツァルトも歌うの?(゜o゜)

    とにかく、あまりにもヴェルディ中期作品のテノールってイメージがメッチャ強かったから~!(^^;)

    だけど、彼がフェランドを歌った「コシ・ファン・トゥッテ」の映像見たら・・・
    メッチャはまってたよ~!(*^o^*)

    「コシ・ファン・トゥッテ」は前はYou Tubeにも上がってたけど、今はYou Tubeではルイス・リマがファランドを歌ったものが無くなっているみたい。
    だけど、別のサイト(下記URL)で彼がフェランドを歌った「コシ・ファン・トゥッテ」の映像の一部が観れます!(^o^)

    http://www.klassikakzente.de/product.jsp?fullArticleNumber=004400734237

    一応、リンクタグを貼っていますが、このサイトは直リンクでは上手くアクセス出来なかった事が以前に分かっているのでコピーペーストでアクセスして下さいね。(^^;)

    アクセスしたら曲目のリストがありますが、その中に「DVD Video (9) 2」と書かれたリストの中の22番です。
    この22番の所に小さなビデオカメラみたいなアイコンがあるので、それをクリックしたらWindowsだったらRealPlayerが立ち上がってきます。

    ラストのフェランドがフィオリディリージを落とすシーンです!
    ここのルイス・リマのフェランド、観てたらあれだったらどんな女性だって落ちるよ~!(*^o^*)

    ちなみに、「ドン・カルロ」はこちら!
    1幕(5幕版)のカルロ&エリザベッタのデュエットです!(^o^)


    こちらはカルロがエリザベッタに求愛して突き放される場面!(^o^)


    こちらはルイス・リマのレパートリーの中でもかなり得意とされている「カルメン」です~!(^o^)
    ラストシーンです!
    このラストシーンを観ると、ゲーム「聖剣伝説」をやっている時以上に手に汗握り締めています!(^^;)


    これらのルイス・リマの映像を見比べるのが楽しいです!(^o^)
    私はどちらかと言うと・・・
    彼に関してはやはり・・・モーツァルトよりちょっと重量級(オテロとかは重量過ぎるけど^^;)の方が個人的には好きだなぁ~!(^o^)

    しかし、私は映像では最初に観たのが「コシ・ファン・トゥッテ」なんだぁ~!(^o^)
    それまでに「ドン・カルロ」をラジオで聴いてヴェルディ・テノールのイメージが強かったとは言え・・・この「コシ・ファン・トゥッテ」を観て更にのめり込んだのは確かです!(^o^)

    多分、最初に「コシ・ファン・トゥッテ」を見た人はモーツァルトテノールってイメージだったりして。

    皆様はルイス・リマはモーツァルトテノールかヴェルディ等のイタリアオペラのスピント系テノール・・・どちらのイメージがありますか?

    ぜひコメント下さいね~!(^o^)

    拍手[0回]

    PR

    hibaさん
    >ルイス・リマが最初に印象に残って、名前をしっかり覚えたのはやっぱりマリア・ユーイングがカルメンの映像のドン・ホセですね。

    このユ-イングとの「カルメン」は強烈な位にインパクトありました。
    ユ-イングも演技力がすごかったし・・・
    特にラストは凄まじかったですね。f^_^;

    >あと映像を見ることができたのはドン・カルロ。この人物の性格がよく表現されていると思いました。この二つが最高の当たり役と言えるのではないでしょうか。

    「ドン・カルロ」はリマの最高の当り役ってかんじですね。(^O^)
    おっしゃる通り、目の表情や演技的な動きで性格が物凄く出てますからね。(^O^)

    >メトロポリタン歌劇場に77公演出演していますが
    ゆきさんのおっしゃる「スピント系」の役ばかりですね。

    リマが中心的に歌うのはイタリアやフランスものスピント系が圧倒的に多い気がします。
    まだ比較的軽い声の歌手が歌うキャラクターでもアルフレ-ドやマントヴァ公爵までで、若い時はドニゼッティのベルカントは歌っていましたね。

    >ヨーロッパや南米でのことはわかりませんけど、メトに77回出演して、モーツァルトがひとつもないのは、やはりモーツァルトテノールとは思われていないということでしょうね・・

    モーツァルトを歌っているのは映像の「コシ・ファン・・・」以外は全く聞いた事がないので、リマはやはりイタリアやフランス等のラテン系オペラのテノールってイメージが強いですね。

    しかし、「コシ・ファン」も見事に役に馴染んでいたのが素晴らしかったです。(^O^)


    片方、削除させて頂きました。f^_^;
    ルイス・リマってヴェルディ・テノール?モーツァルト・テノール?
    ルイス・リマが最初に印象に残って、名前をしっかり覚えたのはやっぱりマリア・ユーイングがカルメンの映像のドン・ホセですね。コジファントゥッテの映像も見ていますけど、インパクトが強かったのは断然ドン・ホセ。あと映像を見ることができたのはドン・カルロ。この人物の性格がよく表現されていると思いました。この二つが最高の当たり役と言えるのではないでしょうか。

    すぐにわかるので、ちょっと見てみました。メトロポリタン歌劇場に77公演出演していますが
    ゆきさんのおっしゃる「スピント系」の役ばかりですね。

    (メトの出演回数が抜けているのがありました。せっかくなので書いておきますね。ついでに多い順に並べました)

    ロドルフォ(24)@ボエーム
    アルフレート(18)@椿姫(メトデビュー)
    ドン・ホセ(15)@カルメン
    マウリツィオ(7)@アドリアーナ・ルクヴルール
    ホフマン(6)@ホフマン物語
    ドン・カルロ(3)@ドン・カルロ
    ルイージ(2)@外套
    マントヴァ公爵(1)@リゴレット
    ピンカートン(1)@蝶々夫人

    ヨーロッパや南米でのことはわかりませんけど、メトに77回出演して、モーツァルトがひとつもないのは、やはりモーツァルトテノールとは思われていないということでしょうね・・
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    非公開コメント
    この記事にトラックバックする:
    [164]  [163]  [162]  [161]  [160]  [159]  [158]  [157]  [156]  [155]  [154
    カレンダー
    07 2017/08 09
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    フリーエリア
    「管理人便り」
    お客様に伝えたい事は「管理人便り」に書いていきますのでぜひチェックして下さいね。^^;


    良かったらクリックしてやって下さいね!
    「Web拍手ボタン」クリックでYUKI@管理人へ1000文字程度のメッセージを送信出来ます。
    今後はこちらでWeb拍手メッセージの返信を書かせて頂きます。

    メールで返事が欲しい方は下記URLからメッセージをお願いします。
    http://6714.teacup.com/yuki178/mbox

    投票イベント「現代ヴァージョン化したら似合いそうなオペラ!」
    このBlogについて
    当Blogはオペラ・クラッシック音楽・映画・その他芸能やゲーム等のエンターテイメント関連を中心とした雑記Blogです。
    皆様からのコメントをお待ちしております。

    良かったら来て下さった記念にゲストブックに書き込みして下さいね!(^_^)

    コメント投稿欄のパスワード入力フォームはコメント編集用です。
    ただし編集出来るのはコメント本文だけでPNは直せなかった事が分かっています。
    ちなみに、削除は出来ませんので、削除したい場合は下のメールリンクからYUKI@管理人に知らせて下さいね。

    お客様からのコメントにYUKI@管理人がレスを書いた時はコメント一覧のお客様のPNの所にメモ&鉛筆マークが付いています。
    テンプレートに寄ってはYUKI@管理人が書いたレスが名無しになる事も。。。(^^;)

    コメントは営利目的・個人攻撃・無断個人情報掲載・記事と全く無関係のコメントはご遠慮願います。
    該当コメントは見つけ次第即刻削除します。
    当Blogでは宣伝目的防止の為にトラックバックは管理人認証掲載にさせて頂いています。
    トラックバックの設定はクラッシック音楽の関連のみとさせていただきます。
    記事と全くかけ離れた内容のトラックバックは掲載せずに削除しますのでご注意下さい。
    トラックバックの際はコメントを書いていただけた方が有難いです。

    「管理人詳細プロフィール」



    当Blogはリンクフリーですので別に連絡は要りません~!(^o^)

    YUKI@管理人の別主要Blog
    良かったら来て下さいね!(*^o^*)
    コメントも頂けたら嬉しいです!(^o^)

    「おしゃべり写真館」

    「おしゃべり日記帳」

    「ルイス・リマの私的ファンBlog」

    mixiのゆき@管理人プロフ
    最新コメント
    [09/30 ゆき@管理人]
    [09/28 nobu]
    [06/09 ゆき@管理人]
    [06/09 nobu]
    [03/26 ゆき@管理人]
    [03/26 nobu]
    [03/26 ゆき@管理人]
    [03/26 えうりでぃちぇ]
    [03/06 ゆき@管理人]
    [02/28 ゆき@管理人]
    [02/27 nobu]
    [02/16 ゆき@管理人]
    [02/14 えうりでぃちぇ]
    [02/07 ゆき@管理人]
    [02/06 nobu]
    [01/06 ゆき@管理人]
    [01/05 nobu]
    [01/04 ゆき@管理人]
    [01/04 えうりでぃちぇ]
    [09/09 ゆき@管理人]
    プロフィール
    HN:
    ゆき
    年齢:
    49
    性別:
    女性
    誕生日:
    1967/12/06
    職業:
    主婦
    趣味:
    映画・オペラ鑑賞
    自己紹介:
    映画「スター・ウォーズ」とテノール歌手ルイス・リマの大ファンです!
    他ではプレステ2等でゲームもやる事も。。。

    ●持っているゲーム
    「サルゲッチュ2」
    「サルゲッチュ3」
    「サルバトーレ」
    「ミリオンモンキーズ」
    「聖剣伝説2」
    「聖剣伝説3」
    「聖剣伝説/Legend of Mana」
    「聖剣伝説4」

    ●好きな音楽
    ヴェルディ、プッチーニ、ドニゼッティー等のイタリアオペラが大好きです!
    フランスもののグノーあたりも好きですね!

    ●ちなみにmixiに加入しています。
    私の検索キーワードは「ゆき スター・ウォーズ 聖剣伝説 ルイス・リマ」です!

    mixiでのニックネームは「★☆ゆき☆★」です。
    このBlogのプロフ画像と同じ画像を使っています。
    バーコード
    ブログ内検索
    カウンター
    フリーエリア
    アクセス解析
    フリーエリア


    この「コシ・ファン・トゥッテ」どちらも同じだけど、国内盤と輸入版で、輸入盤はメイキングみたいな映像があって面白い!^o^
    リージョンALLなので普通のDVDプレーヤーでも大丈夫の筈。^o^





        ◆ graphics by アンの小箱
        ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]