忍者ブログ
いらっしゃいませ。^o^ようこそ「エンタメおしゃべり帳」へ!^o^ 大量のスパムコメントに業を煮やしたので、コメントを戴ける場合はお手数ですが、「comment」とコメント本文中に入力お願いしますm(__)m コメント投稿認証コード=comment
12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • [PR]

    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ヴェルディ作曲 歌劇「ドン・カルロ」

    1ヶ月プラスアルファーぶりの攻略記事を書きますよ~!(^^;)

    お次はまたヴェルディですが、「ドン・カルロ」について攻略!

    このオペラは私がこれまで観たオペラの中では沢山鑑賞してる方のオペラですが。。。
    このオペラはかなりの改訂版があるみたいです。(^o^;;)

    まず大まかに分けて、4幕版と5幕版。
    そしてフランス語版とイタリア語版!
    その他はバレエが入ったバージョンとそうでないバージョンも。。。
    私が今まで観たのはバレエが入っていないバージョンのみ。
    だけどCD等で聴いたのはどうだろ?・・・音楽がバレエっぽい感じの所が挿入されていた感じはしてましたねぇ。(^^;)
    確かうる覚えだけど・・・「王妃のバレエ」とかってタイトルだった様な。。。

    どうやら初演はフランス語版だったみたいですね。(^^;)

    大まかなストーリーはこんな感じ。。。
    一応5幕版に基づいて。。。(^^;)

    父でスペイン国王フィリッポ2世の王子ドン・カルロは父の反対も押し切って(?)許婚のフランス王女エリザベッタを一目見ようとパリ郊外のフォンテンブロー(フォンティーヌブロー)の森へGo!
    それで自分の身分を隠してエリザベッタにこっそり接近!(^^;)
    そしてエリザベッタは目の前にいる人が王子である事が分かって大喜びします!(^o^)
    しかし、喜んでいられるのもつかの間でエリザベッタはフィリッポの王妃に迎えられる事になると伝えられた!(-_-;)
    当然、恋人達2人はメッチャショック受けますよね!(-_-;)

    恋人を父に奪われたカルロは悲しみに打ちひしがれているって感じ。。。
    そんな彼の元へ友人ロドリーゴが登場!(^o^)
    彼女の事は忘れて圧制に苦しむフランドルを救おうと持ちかける!
    それで共に友情を誓い合うんですよね!(^_^)
    一方、エリザベッタもカルロの事が忘れられない様子。
    だけどカルロと二人きりになっても何とか冷静さを保って彼からの求愛を突っぱねる!(-_-;)
    1人だけでいるエリザベッタを見て不審に思ったフィリッポはロドリーゴに王妃が怪しいと言って監視させようとするんです。
    夜にドン・カルロは受け取った手紙を読んでいます。
    それでそれがエリザベッタからのものと思い込んでルンルン気分!(*^_^*)
    だけど、この手紙って女官のエボリ公女からの手紙だったんですよねぇ!(-o-;)
    それでエボリが現れた時もカルロはエリザベッタと勘違い。(^^;)
    それでエボリは彼が勘違いして自分にかけてきた甘い言葉は王妃に対しての言葉と気付いてブチギレ状態で散々脅しまくる!(-o-")
    そこへロドリーゴ参上!(^o^)
    彼女を止めます。

    異端者火刑の時にいきなりカルロがフランドルからの使者を連れてやってきた!
    それで助けを求める彼らにフィリッポは同情するどころか逆にキレた!(-o-")
    キレた父に対しカルロは剣を突きつけて謀反を起こす!
    それで更にフィリッポはキレてカルロを捕らえる事を命じます。(-_-")

    フィリッポは妻が自分を愛してくれないし息子に刃を向けられてショックで打ちひしがれています。
    そんな中、エリザベッタが"宝石箱が無い"と駆け込んできますが、それはフィリッポの手元に。。。
    その中にはカルロの肖像画が。。。
    それを見てフィリッポは完全にブチギレしまくり!(-o-")
    それでエリザベッタは失神してしまいます。
    流石に妻が失神したからフィリッポも人を呼ぶとロドリーゴ&エボリがやって来た!
    それでロドリーゴとフィリッポが立ち去って女性2人になったところで宝石箱盗難事件は自分がやった事とフィリッポと不貞関係にあった事を告白。
    頭に来たエリザベッタはエボリを国外追放か修道院行きを命じます。
    カルロが謀反で牢獄にぶち込まれている。
    そんな時にロドリーゴが!
    それでロドリーゴはフランドルの反乱の責任を自分が負って凶弾に倒れてしまうんです!
    それで王子の解放を求める民衆が押し寄せてきてその中にエボリも混ざって、その隙にカルロ救出!(^o^)

    ラストは再びカルロとエリザベッタがカルロ5世の墓の前で再会!(^_^)
    それで来世で会う約束をして別れを惜しんでいたら・・・
    フィリッポが2人の様子をこっそり見ていたのか2人を捕らえる事を命じた!(-_-")
    そこへ先代カルロ5世の霊か何か不明だけど、修道士が墓場の中から出て来てカルロを墓の中へ引きずり込んでしまいます!(゚o゚)


    追記はYUKI@管理人の作品に関する感想!



    このオペラ、私が鑑賞したのは全部イタリア語のヴァージョン!
    一応は4幕版も5幕版もどちらも観ました。(^o^)

    このオペラは4幕版の場合はフォンテンブローの森のシーンが無いんですよねぇ~!(^^;)
    4幕版ではいきなりカルロが失恋してショックで打ちひしがれた感じのシーンから始まっているんです。
    だからストーリーの流れの点から見れば5幕版の方が分かりやすいですね。(^^;)
    しかし、オペラのベースとなったシラーの戯曲「スペイン皇太子ドン・カルロス」はオペラで言えば4幕版の第一幕、だからカルロが失恋してからのシーンから始まっていますね。(^^;)
    だから戯曲には4幕版の方が近いかもしれない。

    このオペラのオリジナルはフランス語だと言う事だそうですが、フランス語のヴァージョンは未だに観た事が無いです。
    CDやラジオでもまだ全く未鑑賞。(^^;)

    確か、フランス語のヴァージョンは大分前にTVでバリトンのトーマス・ハンプソンと今は亡きテノールのジェリー・ハドリーのジョイントリサイタルで5幕版では第2幕1場、4幕版では第1幕1場のカルロとロドリーゴの友情を誓う二重唱「共に生きよう!共に死のう」を聴きました。
    この二重唱だけでもイタリア語のヴァージョンとフランス語のヴァージョンではかなり違っていましたね。(^^;)
    殆どはイタリア語の方で聴きなれているのですが、これがフランス語のヴァージョンになったら同じメロディーは入っていたものの、一瞬"違う曲?"・・・と思えたくらいです。(^^;)
    だから同じヴェルディの作曲で同じ「ドン・カルロ」でも言語が違うだけでなくメロディーラインもかなり違うんだぁ~(^^;)・・・と感じたのは事実です。

    フランス語のヴァージョンはこの時にこの二重唱しか聴いていなかったのでオペラ全体の流れとしてはイタリア語ヴァージョンとどれだけ違うのかは不明ですけどね~!(^^;)

    拍手[0回]

    PR

    ロドリーグ
    最近ハマっているフランス人バリトンのテジエが、ストラスブールでフランス語版の『ドン・カルロ』のロドリーグ(=ロドリーゴ)を歌って好評だったそうです。フランス語版とイタリア語版両方があるオペラと言えば、ドニゼッティの『ルチア』の仏語版は通して鑑賞しました。言葉が違うと同じメロディでも雰囲気が違いますね。
    Re:ロドリーグ
    >rosinaさん
    フランス語版「ドン・カルロ」ではロドリーゴが「ロドリーグ」ってなっていたのですねぇ?!
    そういえば・・・タイトルロールもシラーの戯曲と同じ「ドン・カルロス」だった様な。。。(^^;)
    フランス人歌手はフランス語ヴァージョンで歌っている人が多いのでしょうねぇ?!
    確か、アラーニャがこのオペラのフランス語版でのタイトルロールを歌った映像が何年か前にリリースされていた様な気がしましたが。。。

    >フランス語版とイタリア語版両方があるオペラと言えば、ドニゼッティの『ルチア』の仏語版は通して鑑賞しました。言葉が違うと同じメロディでも雰囲気が違いますね。

    ドニゼッティもフランス語版イタリア語版両方の作品が幾つかあるようですね?
    「ルチア」もそうでしたか?!(^_^)
    あとは「連隊の娘」もそうですよねぇ?
    学生の時に学校の視聴覚室でパヴァロッティとサザーランドの共演のフランス語版を聴いた事がありました。
    アリア集ではイタリア語の詩のみでしたが。。。(^^;)

    「ルチア」のフランス語版も興味深いですね。(^_^)
    同じ作品のオペラが数カ国の言語で上演されたらかなり違ったタイプに聞こえますね。(^^;)
    関西では最近は原語上演ですが、昔は訳詩上演でイタリア語で聴きなれたものを日本語で歌ったものを聴くと全く違ったものを聴いているような錯覚に感じそうです。(^^;)
    【 管理人ゆき 2008/01/09 14:53】
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    非公開コメント
    この記事にトラックバックする:
    [75]  [74]  [73]  [72]  [71]  [70]  [69]  [68]  [67]  [66]  [65
    カレンダー
    11 2017/12 01
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31
    フリーエリア
    「管理人便り」
    お客様に伝えたい事は「管理人便り」に書いていきますのでぜひチェックして下さいね。^^;


    良かったらクリックしてやって下さいね!
    「Web拍手ボタン」クリックでYUKI@管理人へ1000文字程度のメッセージを送信出来ます。
    今後はこちらでWeb拍手メッセージの返信を書かせて頂きます。

    メールで返事が欲しい方は下記URLからメッセージをお願いします。
    http://6714.teacup.com/yuki178/mbox

    投票イベント「現代ヴァージョン化したら似合いそうなオペラ!」
    このBlogについて
    当Blogはオペラ・クラッシック音楽・映画・その他芸能やゲーム等のエンターテイメント関連を中心とした雑記Blogです。
    皆様からのコメントをお待ちしております。

    良かったら来て下さった記念にゲストブックに書き込みして下さいね!(^_^)

    コメント投稿欄のパスワード入力フォームはコメント編集用です。
    ただし編集出来るのはコメント本文だけでPNは直せなかった事が分かっています。
    ちなみに、削除は出来ませんので、削除したい場合は下のメールリンクからYUKI@管理人に知らせて下さいね。

    お客様からのコメントにYUKI@管理人がレスを書いた時はコメント一覧のお客様のPNの所にメモ&鉛筆マークが付いています。
    テンプレートに寄ってはYUKI@管理人が書いたレスが名無しになる事も。。。(^^;)

    コメントは営利目的・個人攻撃・無断個人情報掲載・記事と全く無関係のコメントはご遠慮願います。
    該当コメントは見つけ次第即刻削除します。
    当Blogでは宣伝目的防止の為にトラックバックは管理人認証掲載にさせて頂いています。
    トラックバックの設定はクラッシック音楽の関連のみとさせていただきます。
    記事と全くかけ離れた内容のトラックバックは掲載せずに削除しますのでご注意下さい。
    トラックバックの際はコメントを書いていただけた方が有難いです。

    「管理人詳細プロフィール」



    当Blogはリンクフリーですので別に連絡は要りません~!(^o^)

    YUKI@管理人の別主要Blog
    良かったら来て下さいね!(*^o^*)
    コメントも頂けたら嬉しいです!(^o^)

    「おしゃべり写真館」

    「おしゃべり日記帳」

    「ルイス・リマの私的ファンBlog」

    mixiのゆき@管理人プロフ
    最新コメント
    [09/30 ゆき@管理人]
    [09/28 nobu]
    [06/09 ゆき@管理人]
    [06/09 nobu]
    [03/26 ゆき@管理人]
    [03/26 nobu]
    [03/26 ゆき@管理人]
    [03/26 えうりでぃちぇ]
    [03/06 ゆき@管理人]
    [02/28 ゆき@管理人]
    [02/27 nobu]
    [02/16 ゆき@管理人]
    [02/14 えうりでぃちぇ]
    [02/07 ゆき@管理人]
    [02/06 nobu]
    [01/06 ゆき@管理人]
    [01/05 nobu]
    [01/04 ゆき@管理人]
    [01/04 えうりでぃちぇ]
    [09/09 ゆき@管理人]
    プロフィール
    HN:
    ゆき
    年齢:
    50
    性別:
    女性
    誕生日:
    1967/12/06
    職業:
    主婦
    趣味:
    映画・オペラ鑑賞
    自己紹介:
    映画「スター・ウォーズ」とテノール歌手ルイス・リマの大ファンです!
    他ではプレステ2等でゲームもやる事も。。。

    ●持っているゲーム
    「サルゲッチュ2」
    「サルゲッチュ3」
    「サルバトーレ」
    「ミリオンモンキーズ」
    「聖剣伝説2」
    「聖剣伝説3」
    「聖剣伝説/Legend of Mana」
    「聖剣伝説4」

    ●好きな音楽
    ヴェルディ、プッチーニ、ドニゼッティー等のイタリアオペラが大好きです!
    フランスもののグノーあたりも好きですね!

    ●ちなみにmixiに加入しています。
    私の検索キーワードは「ゆき スター・ウォーズ 聖剣伝説 ルイス・リマ」です!

    mixiでのニックネームは「★☆ゆき☆★」です。
    このBlogのプロフ画像と同じ画像を使っています。
    バーコード
    ブログ内検索
    カウンター
    フリーエリア
    アクセス解析
    フリーエリア


    この「コシ・ファン・トゥッテ」どちらも同じだけど、国内盤と輸入版で、輸入盤はメイキングみたいな映像があって面白い!^o^
    リージョンALLなので普通のDVDプレーヤーでも大丈夫の筈。^o^





        ◆ graphics by アンの小箱
        ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]