忍者ブログ
いらっしゃいませ。^o^ようこそ「エンタメおしゃべり帳」へ!^o^ 大量のスパムコメントに業を煮やしたので、コメントを戴ける場合はお手数ですが、「comment」とコメント本文中に入力お願いしますm(__)m コメント投稿認証コード=comment
06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • [PR]

    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    オペラ上演での言語あれこれ

    確か以前に名バリトン歌手エットーレ・バスティアニーニのファンでらっしゃるrosina様の所でバスティアニーニ達が活躍した時代はフランス・オペラをイタリア語で上演していたというエピソードを聞かせて頂いたのを思い出しました。

    昔はイタリアも訳詩で上演していたのですね?!(^^;)
    フランス語とイタリア語はどちらもラテン系の言語(?)って認識していましたが。。。(^^;)
    やはり発音上はフランス語とイタリア語はかなり差がある気がします。

    だからフランスものをイタリア語で歌うと・・・ちょっと???・・・って気になりますね。

    ちなみに日本でのオペラ上演は今は全国的に原語上演でしょう。
    しかし関西では私が音大在学中の1980年代後半から1990年代の時代はヴェルディやプッチーニ、そしてマスカーニやレオンカヴァッロ等のヴェリズモオペラも全部日本語訳詩で上演されたものです。

    やはり日本語になると・・・ちょっと・・・って気がしてくるのですよねぇ。。。(^^;)

    言語が訳詩になると何故違和感感じるのかって言うと・・・

    やはり曲はオリジナルの台本の言語に合わせた曲作りをしているからでしょう?!(^^;)
    だから台本がイタリア語ならイタリア語に合わせた作曲で、フランス語ならフランス語に合わせた作曲をしているからでしょう。

    ちなみに、イタリアオペラでもオリジナルが元々フランス語のものがある。。。
    そんな場合はイタリアオペラをオリジナルのフランス語で歌っても何とも感じない。
    ただ・・・「ドン・カルロ」のフランス語ヴァージョンは少し聴いただけなのですが友情を誓い合うシーンは・・・ちょっと・・・って感じしましたけどね。(^^;)
    しかし、全曲で聴いてみたらどうなるか分からないし。。。
    他はドニゼッティの「連隊の娘」はフランス語も凄く自然に聞こえます。(^o^)

    日本語の訳詩でのオペラ上演は最近では減っているでしょう。
    オペレッタは日本語上演もされている事があるみたいですが。。。
    やはり日本語での上演って違和感感じるし、あとは発声法が日本語の場合は非常に難しい為に特にオペラでは日本語でやった時は言葉が聞き取り難いのが多いです。
    人の事言えませんけどねぇ。(^^;)

    まぁ言えば、外国のオペラは当然ながら日本語に合わせて作ったものじゃないし、それに音符やリズム等にうまく組み合わせるようにして訳してあるのでは?・・・と思うので、やはり原語上演が自然体で良いのだと思います。(^^;)

    確か・・・以前に雑誌で読んだ事がありましたが・・・

    イギリスで全てのオペラを英語で上演している劇場があるんですよね?(^^;)
    「イングリッシュ・ナショナル・オペラ」って言うんだっけ?
    そこは今でも英語上演かなぁ?(^^;)

    イタリア・オペラを英語上演・・・
    ちょっと想像付かない・・・
    まだドイツ・オペラだったらどうか分からないけど・・・(^^;)

    拍手[0回]

    PR

    リンクありがとうございます
    イタリア語を英語にしたオペラはまず聴きたいと思いませんので聴きません^^;。イングリッシュ・ナショナル・オペラって、最近テレビで「蝶々夫人」が放映されていたのでちょっとだけ聴きましたが、変な感じだった上、はっきり言って聴き取れず、意味ないじゃん、と思いました。ヘンデルのオラトリオ、メサイヤとか、ブリテンのオペラ等、元来英語のものなら好きとは言えないけど原語なんだから仕方ないと思いますが、それ以外はどうも英語=ポップス/ロック、ミュージカルという刷り込みがあるようで受け付けません。やはりオペラは極力原語上演が望ましいような気がします。その昔、バスティアニーニがカルメンのエスカミーリョをイタリア語訳で歌っていましたが、その録音を聴いても声はともかく、言葉と音楽の兼ね合いが『変』だと思います。
    Re:リンクありがとうございます
    >rosinaさん
    イタリア語オペラ→英語上演って完全に想像出来ないです。f^_^;

    >イングリッシュ・ナショナル・オペラって、最近テレビで「蝶々夫人」が放映されていたのでちょっとだけ聴きましたが、変な感じだった上、はっきり言って聴き取れず、意味ないじゃん、と思いました。

    イングリッシュ・ナショナル・オペラは今も英語上演なんですね?f^_^;
    しかも「蝶々夫人」を英語で・・・(゚_゚
    訳詩でやっても言葉が聞き取れないようでは引けてしまいそうですよね。(-.-;)
    日本語オペラでは「夕鶴」をTVでやってたのを見ましたが元が日本語に曲が付けられたものでも聞き取り難かった記憶があります。

    >ヘンデルのオラトリオ、メサイヤとか、ブリテンのオペラ等、元来英語のものなら好きとは言えないけど原語なんだから仕方ないと思いますが、

    ヘンデルのメサイヤは英語でもオリジナルが英語の台本に曲が付けられている事もありますし、今の英語とは違った感じに聞こえるのでまだ自然に聞こえましたね。o(^-^)o
    >それ以外はどうも英語=ポップス/ロック、ミュージカルという刷り込みがあるようで受け付けません。

    やはり今の英語は音楽としてはどうしてもロックにポップスにミュージカルにジャズが真っ先にイメージが沸きます。f^_^;
    >その昔、バスティアニーニがカルメンのエスカミーリョをイタリア語訳で歌っていましたが、その録音を聴いても声はともかく、言葉と音楽の兼ね合いが『変』だと思います。

    バスティアニ-ニのイタリア語「カルメン」を聴かせ頂きましたが、日本語で歌う事を思えば違和感は少なかったですが何か違うなぁ・・・と言うのは感じましたね。f^_^;
    歌唱は素晴らしい歌唱なのですが・・・歌う側としては訳詩で歌うのはどんな気持ちだったのだろう?・・・とも思えましたね。(-.-;)
    私だったら個人的にはイタリア語オペラのアリアを日本語で歌うのは絶対に嫌です。(-.-;)
    モ-ツァルトの「フィガロの結婚」の手紙の二重唱(伯爵夫人)を日本語で歌った時は非常に恥ずかしい気分になりました。f^_^;

    フランス語は読み方や発音が難しくてドイツ語は発音が難しいですが、やはり原語で歌いたいものです。
    【 管理人ゆき 2008/03/03 22:43】
    無題
    市民オペラで日本語歌唱のオペラを聞いたことが数回あります。結局ほとんど聞き取れないのですから、観客の理解ということの役には立っていないように思います。おまけになんだか演歌か学校唱歌のような感じがしたりするのでいただけません。概して日本語として美しく聞こえないですね。

    日本人が日本語に作曲したオペラでも、言葉がわからないし、言葉が美しいと感じられません。なんだか恥ずかしい感じがします。何か無理があるような気がします。

    フランス語とイタリア語、ドイツ語、その他英語をのぞく、ヨーロッパ語の場合は、所詮慣れの問題かもしれません。英語の場合は、かなり違和感があるような気がします。英語に作曲されたオペラでも、言語的に美しいと思ったことがありません。ミュージカルやポピュラーだと言葉自体もいいなぁと思うんですけど・・
    edcさん
    市民オペラは訳詞が多いみたいですね。f^_^;

    やはり言葉とメロディがあっていない気がします。
    言葉は男性歌手は聞き取れる事がありますが、女性歌手は聞き取れない事が多いです。
    やはり発声で口の開け方とかでどうしても聞こえにくくなる事はありますね。f^_^;
    だから日本語だったら細い声の方が聞こえ易い気もします。

    >日本人が日本語に作曲したオペラでも、言葉がわからないし、言葉が美しいと感じられません。なんだか恥ずかしい感じがします。何か無理があるような気がします。

    やはりオペラになると全体的に音域がかなり広がるので高い音域になると言葉が分かりにくいと言うリスクが生じやすい気がしますね。(-.-;)

    >英語の場合は、かなり違和感があるような気がします。

    英語でイタリアオペラとかはまず完全に想像がつけられないです。f^_^;
    良い言い方なら「一味違う」と言う感じですが全曲となると・・・物凄い違和感感じそうですね。f^_^;

    >英語に作曲されたオペラでも、言語的に美しいと思ったことがありません。ミュージカルやポピュラーだと言葉自体もいいなぁと思うんですけど・・

    英語のオペラって現代音楽が多い気がしますので全体的に違う気がしますね。f^_^;
    人によればすぐ馴染めるかもしれませんが・・・
    慣れるには相当な時間がかかりそうです。
    【 管理人ゆき 2008/03/03 19:11】
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    非公開コメント
    この記事にトラックバックする:
    [113]  [112]  [111]  [110]  [109]  [108]  [107]  [106]  [105]  [104]  [103
    カレンダー
    05 2017/06 07
    S M T W T F S
    1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30
    フリーエリア
    「管理人便り」
    お客様に伝えたい事は「管理人便り」に書いていきますのでぜひチェックして下さいね。^^;


    良かったらクリックしてやって下さいね!
    「Web拍手ボタン」クリックでYUKI@管理人へ1000文字程度のメッセージを送信出来ます。
    今後はこちらでWeb拍手メッセージの返信を書かせて頂きます。

    メールで返事が欲しい方は下記URLからメッセージをお願いします。
    http://6714.teacup.com/yuki178/mbox

    投票イベント「現代ヴァージョン化したら似合いそうなオペラ!」
    このBlogについて
    当Blogはオペラ・クラッシック音楽・映画・その他芸能やゲーム等のエンターテイメント関連を中心とした雑記Blogです。
    皆様からのコメントをお待ちしております。

    良かったら来て下さった記念にゲストブックに書き込みして下さいね!(^_^)

    コメント投稿欄のパスワード入力フォームはコメント編集用です。
    ただし編集出来るのはコメント本文だけでPNは直せなかった事が分かっています。
    ちなみに、削除は出来ませんので、削除したい場合は下のメールリンクからYUKI@管理人に知らせて下さいね。

    お客様からのコメントにYUKI@管理人がレスを書いた時はコメント一覧のお客様のPNの所にメモ&鉛筆マークが付いています。
    テンプレートに寄ってはYUKI@管理人が書いたレスが名無しになる事も。。。(^^;)

    コメントは営利目的・個人攻撃・無断個人情報掲載・記事と全く無関係のコメントはご遠慮願います。
    該当コメントは見つけ次第即刻削除します。
    当Blogでは宣伝目的防止の為にトラックバックは管理人認証掲載にさせて頂いています。
    トラックバックの設定はクラッシック音楽の関連のみとさせていただきます。
    記事と全くかけ離れた内容のトラックバックは掲載せずに削除しますのでご注意下さい。
    トラックバックの際はコメントを書いていただけた方が有難いです。

    「管理人詳細プロフィール」



    当Blogはリンクフリーですので別に連絡は要りません~!(^o^)

    YUKI@管理人の別主要Blog
    良かったら来て下さいね!(*^o^*)
    コメントも頂けたら嬉しいです!(^o^)

    「おしゃべり写真館」

    「おしゃべり日記帳」

    「ルイス・リマの私的ファンBlog」

    mixiのゆき@管理人プロフ
    最新コメント
    [09/30 ゆき@管理人]
    [09/28 nobu]
    [06/09 ゆき@管理人]
    [06/09 nobu]
    [03/26 ゆき@管理人]
    [03/26 nobu]
    [03/26 ゆき@管理人]
    [03/26 えうりでぃちぇ]
    [03/06 ゆき@管理人]
    [02/28 ゆき@管理人]
    [02/27 nobu]
    [02/16 ゆき@管理人]
    [02/14 えうりでぃちぇ]
    [02/07 ゆき@管理人]
    [02/06 nobu]
    [01/06 ゆき@管理人]
    [01/05 nobu]
    [01/04 ゆき@管理人]
    [01/04 えうりでぃちぇ]
    [09/09 ゆき@管理人]
    プロフィール
    HN:
    ゆき
    年齢:
    49
    性別:
    女性
    誕生日:
    1967/12/06
    職業:
    主婦
    趣味:
    映画・オペラ鑑賞
    自己紹介:
    映画「スター・ウォーズ」とテノール歌手ルイス・リマの大ファンです!
    他ではプレステ2等でゲームもやる事も。。。

    ●持っているゲーム
    「サルゲッチュ2」
    「サルゲッチュ3」
    「サルバトーレ」
    「ミリオンモンキーズ」
    「聖剣伝説2」
    「聖剣伝説3」
    「聖剣伝説/Legend of Mana」
    「聖剣伝説4」

    ●好きな音楽
    ヴェルディ、プッチーニ、ドニゼッティー等のイタリアオペラが大好きです!
    フランスもののグノーあたりも好きですね!

    ●ちなみにmixiに加入しています。
    私の検索キーワードは「ゆき スター・ウォーズ 聖剣伝説 ルイス・リマ」です!

    mixiでのニックネームは「★☆ゆき☆★」です。
    このBlogのプロフ画像と同じ画像を使っています。
    バーコード
    ブログ内検索
    カウンター
    フリーエリア
    アクセス解析
    フリーエリア


    この「コシ・ファン・トゥッテ」どちらも同じだけど、国内盤と輸入版で、輸入盤はメイキングみたいな映像があって面白い!^o^
    リージョンALLなので普通のDVDプレーヤーでも大丈夫の筈。^o^





        ◆ graphics by アンの小箱
        ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]