忍者ブログ
いらっしゃいませ。^o^ようこそ「エンタメおしゃべり帳」へ!^o^ 大量のスパムコメントに業を煮やしたので、コメントを戴ける場合はお手数ですが、「comment」とコメント本文中に入力お願いしますm(__)m コメント投稿認証コード=comment
10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • [PR]

    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    悲劇のオペラのラストあれこれ パート2

    前に「悲劇のオペラのラストあれこれ」のネタを書いて1週間以上が経過。。。(^^;)

    人によれば「シリーズ化するんだったら続けて書けよ!」って突っ込まれそうですが。。。(^^;)
    他のネタを突如思いたったのでこちらは後回しに・・・f^_^;

    そこで本題!

    悲劇のオペラは主人公が死んでしまうのが圧倒的に多いのですが、殆どは主人公を取り巻く人間関係が様々と言うべきか複雑なものが多いです。
    特にヴェルディの「ドン・カルロ」なんかけっこう人間関係が複雑ですよね?!(^^;)
    オペラのベースとなっているシラー(シルレル)の戯曲「ドン・カルロス」ではオペラより更に複雑なものとなっていたなぁ。。。(^^;)
    このオペラは主人公ドン・カルロは"死ぬ"という設定ではなく"墓場に引きずりこまれる"と言う事になっています。
    しかし演出によっては最後にドン・カルロが自殺してしまうものや、殺されているように見受けられるものもあります。(^^;)
    オペラの場合はラストで"このキャラはラストはどうなってしまの?"って感じのものがあるからそういうのは演出に寄って変わってくる事がありますね。
    同じ作品でも演出によってそのキャラの性質が変わってくる様に見受けられるのが多いものです。



    ちょっと別の話題になりますが、悲劇のオペラと言えども・・・
    中には悲劇の結末に終わるのは悪役である事も。。。(^^;)
    その典型はヴェルディの「マクベス」でしょうかね?

    タイトルロールのマクベスって野望を抱いて邪魔に感じる者は次々と殺していく恐ろしい人間で夫人も怖い女って感じです。
    このオペラは主人公夫婦揃って恐ろしいですが。。。
    それでこのマクベス夫妻のラストは"死"が待ち構えています。。。

    例え主人公が死ぬ結末と言えども・・・正義の持ち主がラストで死んでしまう結末とマクベス夫妻の様に恐ろしい主人公がラストで死んでしまう結末を比較するとラストでの涙が流れる結末に思えるかハッピーに感じる結末に思えるか感じ方に差が出てくると思います。(^^;)

    ちなみにオペラの場合はオペラのベースになっている戯曲や小説に比べると描写が表面的なものになるのは確かな事かな?・・・って感じますねぇ。(^^;)
    戯曲は演劇みたいな感じなので細かい所まで描写出来るし、オペラは全て音楽で流れていくもの。
    それでその中にはアリアという映画で例えると挿入歌みたいなものかな?・・・そんな感じの歌も入ってきます。
    ちなみにアリアは「オペラの花」とも言われるくらいに重要なものですけどね。(^^;)
    そんな事でオペラでは悲劇の場合は描写が表面的だけど音楽の流れでラストの衝撃を和らげている気はしますねぇ。(^o^)
    そんなところが悲劇のオペラを楽しめる要素かな?・・・とも感じます。(^o^)

    拍手[0回]

    PR

    無題
    そうですよね。お勧めオペラってなかなか難しいリクエストをしてしまいましたね(滝汗)

    音楽の効果といえばマクベス夫妻の王の殺害の前後掛け合いや効果音は最高ですね♪♪

    >オペラも人によって好みの差がありますし
    確かに! 私もマイブームがあります(^^)このマクベスは以前にBSでミラノスカラ座、ムーティーのを見てすごく気に入りました。レナート・ブルゾンのバリトンに惹かれました。CDはミルンズです。 今はこのブームは去っていますが(笑)

    こんな私ですが、お導きをお願いしますね♪♪














    mi-yaさん
    >そうですよね。お勧めオペラってなかなか難しいリクエストをしてしまいましたね(滝汗)

    いえいえ、気になさらないで下さい!(^o^;;)
    お勧めオペラって分かり易く勧めるには記事で書いた方が書きやすいかなぁ?・・・って思いましたので。。。(^_^;;)

    >音楽の効果といえばマクベス夫妻の王の殺害の前後掛け合いや効果音は最高ですね♪♪

    「マクベス」ではマクダフが歌うアリア「父の手は」の後のマクダフ&マルコム王子の合唱付きの掛け合いやラストはかなり重要ですよねぇ!
    あそこの盛り上がりで大分変わってくるのでは?・・・とも感じています。

    >確かに! 私もマイブームがあります(^^)このマクベスは以前にBSでミラノスカラ座、ムーティーのを見てすごく気に入りました。レナート・ブルゾンのバリトンに惹かれました。CDはミルンズです。 今はこのブームは去っていますが(笑)

    ブルソンとミルンズのマクベスは鑑賞した事が無いのですがブルソンって他のオペラのイメージからすれば紳士的なイメージって感じですねぇ!
    彼が歌う悪役は他では「トスカ」のスカルピアを聴きましたが、おぞましさは感じられず、かえってそんな方が嫌らしくない冷酷さを味あわせてくれるって感じです。
    ブルソンは「ドン・カルロ」のロドリーゴ等が素晴らしいですね!

    ミルンズは別のオペラの悪役を聴きましたが、この人だったら強烈なくらいに恐ろしいマクベスになったりして?・・・って想像しています。(^^;)
    【 管理人ゆき 2007/11/17 15:27】
    無題
    本当に悲劇のオペラは多いですね。
    ヴェルディに限らず、オペラってドロドロした人間関係でまるで韓国ドラマみたいと私はおもうのですけど(笑)

    そしてストーリーの展開もめまぐるしくて、突っ込み所満載だけど、そんなこと気にしないで音楽を楽しめばいいですよね♪♪ 

    yukiさん、お勧めオペラがあったら教えてください。


    mi-yaさん
    悲劇のオペラって音楽の効果で魅力的なものになりますね。o(^-^)o
    ストーリーは本当にドロドロして中には残酷さが露骨に描写されたものもありますが、音楽の効果で楽しめますね!
    映画だったら苦手な分野でもオペラだったら楽しめますよね!o(^-^)o

    >yukiさん、お勧めオペラがあったら教えてください。

    オペラも人によって好みの差がありますし、同じ作品でも演出で登場人物の様子もガラリと変わる面があるので、オススメ作品はまた記事の方で色々ツッコミながらリストアップさせて頂きますね。o(^-^)o
    【 管理人ゆき 2007/11/17 10:08】
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    非公開コメント
    この記事にトラックバックする:
    悲劇のオペラのラストあれこれ・パート3
    去年の11月に「悲劇のオペラのラストあれこれ」って言うネタの記事をカキコしていましたが、また新たな思い付きが浮かびました。(^^;) 悲劇のオペラの結末はヒーローやヒロインが死んでしまい、その最期の遂げ方も様々というのは前もカキコしましたが、今回はファンタジー的な最期の遂げ方のオペラを挙げてみましょう。(^o^) まずはこれ! マスネの「ラオールの王」 このオペラもグランドオペラで当然ながらラストが主人公の恋人同士が死んでしまう結末ですが、まず一緒に死んでしまうんですねぇ。 それで...
    URL 2008/04/08(Tue)16:36:59
    [36]  [35]  [34]  [33]  [32]  [31]  [30]  [29]  [28]  [27]  [26
    カレンダー
    09 2017/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    フリーエリア
    「管理人便り」
    お客様に伝えたい事は「管理人便り」に書いていきますのでぜひチェックして下さいね。^^;


    良かったらクリックしてやって下さいね!
    「Web拍手ボタン」クリックでYUKI@管理人へ1000文字程度のメッセージを送信出来ます。
    今後はこちらでWeb拍手メッセージの返信を書かせて頂きます。

    メールで返事が欲しい方は下記URLからメッセージをお願いします。
    http://6714.teacup.com/yuki178/mbox

    投票イベント「現代ヴァージョン化したら似合いそうなオペラ!」
    このBlogについて
    当Blogはオペラ・クラッシック音楽・映画・その他芸能やゲーム等のエンターテイメント関連を中心とした雑記Blogです。
    皆様からのコメントをお待ちしております。

    良かったら来て下さった記念にゲストブックに書き込みして下さいね!(^_^)

    コメント投稿欄のパスワード入力フォームはコメント編集用です。
    ただし編集出来るのはコメント本文だけでPNは直せなかった事が分かっています。
    ちなみに、削除は出来ませんので、削除したい場合は下のメールリンクからYUKI@管理人に知らせて下さいね。

    お客様からのコメントにYUKI@管理人がレスを書いた時はコメント一覧のお客様のPNの所にメモ&鉛筆マークが付いています。
    テンプレートに寄ってはYUKI@管理人が書いたレスが名無しになる事も。。。(^^;)

    コメントは営利目的・個人攻撃・無断個人情報掲載・記事と全く無関係のコメントはご遠慮願います。
    該当コメントは見つけ次第即刻削除します。
    当Blogでは宣伝目的防止の為にトラックバックは管理人認証掲載にさせて頂いています。
    トラックバックの設定はクラッシック音楽の関連のみとさせていただきます。
    記事と全くかけ離れた内容のトラックバックは掲載せずに削除しますのでご注意下さい。
    トラックバックの際はコメントを書いていただけた方が有難いです。

    「管理人詳細プロフィール」



    当Blogはリンクフリーですので別に連絡は要りません~!(^o^)

    YUKI@管理人の別主要Blog
    良かったら来て下さいね!(*^o^*)
    コメントも頂けたら嬉しいです!(^o^)

    「おしゃべり写真館」

    「おしゃべり日記帳」

    「ルイス・リマの私的ファンBlog」

    mixiのゆき@管理人プロフ
    最新コメント
    [09/30 ゆき@管理人]
    [09/28 nobu]
    [06/09 ゆき@管理人]
    [06/09 nobu]
    [03/26 ゆき@管理人]
    [03/26 nobu]
    [03/26 ゆき@管理人]
    [03/26 えうりでぃちぇ]
    [03/06 ゆき@管理人]
    [02/28 ゆき@管理人]
    [02/27 nobu]
    [02/16 ゆき@管理人]
    [02/14 えうりでぃちぇ]
    [02/07 ゆき@管理人]
    [02/06 nobu]
    [01/06 ゆき@管理人]
    [01/05 nobu]
    [01/04 ゆき@管理人]
    [01/04 えうりでぃちぇ]
    [09/09 ゆき@管理人]
    プロフィール
    HN:
    ゆき
    年齢:
    49
    性別:
    女性
    誕生日:
    1967/12/06
    職業:
    主婦
    趣味:
    映画・オペラ鑑賞
    自己紹介:
    映画「スター・ウォーズ」とテノール歌手ルイス・リマの大ファンです!
    他ではプレステ2等でゲームもやる事も。。。

    ●持っているゲーム
    「サルゲッチュ2」
    「サルゲッチュ3」
    「サルバトーレ」
    「ミリオンモンキーズ」
    「聖剣伝説2」
    「聖剣伝説3」
    「聖剣伝説/Legend of Mana」
    「聖剣伝説4」

    ●好きな音楽
    ヴェルディ、プッチーニ、ドニゼッティー等のイタリアオペラが大好きです!
    フランスもののグノーあたりも好きですね!

    ●ちなみにmixiに加入しています。
    私の検索キーワードは「ゆき スター・ウォーズ 聖剣伝説 ルイス・リマ」です!

    mixiでのニックネームは「★☆ゆき☆★」です。
    このBlogのプロフ画像と同じ画像を使っています。
    バーコード
    ブログ内検索
    カウンター
    フリーエリア
    アクセス解析
    フリーエリア


    この「コシ・ファン・トゥッテ」どちらも同じだけど、国内盤と輸入版で、輸入盤はメイキングみたいな映像があって面白い!^o^
    リージョンALLなので普通のDVDプレーヤーでも大丈夫の筈。^o^





        ◆ graphics by アンの小箱
        ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]