忍者ブログ
いらっしゃいませ。^o^ようこそ「エンタメおしゃべり帳」へ!^o^ 大量のスパムコメントに業を煮やしたので、コメントを戴ける場合はお手数ですが、「comment」とコメント本文中に入力お願いしますm(__)m コメント投稿認証コード=comment
05
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • [PR]

    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    2011年バイロイト音楽祭「ローエングリン」

    先週末と言うか、先々週末辺りにNHK BS放送でやってたバイロイト音楽祭生中継番組ですが、今回は「ローエングリン」のレビューをカキコします。^o^

    実はこのオペラを映像で、しかも全曲で鑑賞するのって今回初めてなんです。^^;

    大雑把なあらすじだけは本とかで読んだけど、全曲での鑑賞そのものは初めて。^^;

    最近のオペラの演出は時代設定が現代に置き換えられたものが主流みたいな感じになってるみたいな感じなので、今回も恐らく、"時代設定が現代ヴァージョンになってるんだろうなぁ・・・^^;"って思ったりしてたら、案の定そんな感じ。^^;

    まず、幕が上がっての冒頭のローエングリンのパントマイム的な仕草・・・

    最初は???だったんだけど・・・もしかしたら無実の罪を着せられたエルザの事が気になっての仕草なのかな?・・・とも勝手に推測。^^;

    その次に、ギョッとさせられたのは合唱がネズミだったって事。。。(;O;)

    最初は、一瞬、日本の伝統芸能とかで出てくる黒子みたいな感じに見えたけど・・・よく見たらネズミだったんですよね。^^;
    その上、ネズミの被り物が網状になってるから、中の人間の顔がハッキリと見える状態!^^;

    一体、このネズミ、何を意味してるの?・・・ってのが率直な気持ちでしたね。^^;

    思わず、本取り出して、筋書き読み直したけど、ネズミなんか登場しないですものね。^^;
    この事に関してはエルザの役のソプラノと、最後に評論家(だったかな?^^;)のコメントがあったけど、ネズミはかなり違和感あった。
    最後はネズミだったのが人間に戻ったって感じだったから、この時は一瞬、20数年前に観たジョージ・ルーカス監督の映画「ウィロー」での悪の魔女によって人間が豚に変えられたシーンを思い起こされました。^^;
    余談ですが、「ウィロー」のテーマ曲が「ローエングリン」3幕への間奏曲と雰囲気がかなり似てますし。。。^_^

    それから、ギョッとさせられたのは・・・

    最後にエルザの弟君が元に戻されたって事だけど・・・その時の姿が・・・

    えぇーーーー(;O;)(>_<)

    ちょっとホラー映画か何かに登場しそうなオバケみたいな感じになってた!(;O;)

    オバケは失礼かもしれないけど・・・^^;

    へその緒が付いた状態の胎児って感じだけど、とにかく、顔が怖い!(;O;)

    最後の評論家の解説では「救いようの無い悲劇」って言ってたかな?
    それにしても・・・あの姿はちょっと・・・(;O;)
    視覚的にかなり受け入れられないって感じ。^^;

    救いようの無い悲劇って言っても、もう少し光り輝く演出にして欲しかったな・・・・ってのがストレートな気持ちでしたね。^^;

    歌ってた歌手の名前がなかなか覚えられないのですが・・・^^;

    主役のテノールは容姿が騎士に相応しい少しワイルドながらも優しさも感じさせてくれる素敵な青年ってイメージでしたね。^_^
    衣装が本来の時代設定に合った昔のヨーロッパの騎士の様なものだったらカッコ良さがもっと引き立ったでしょうにね。。。
    歌唱の方は最初は一瞬、カウンターテナーかと思いそうになった。。。
    このテノールは普通のテノールとしてもカウンターテナーとしてもいけそうなタイプにも感じました。^o^

    拍手[0回]

    PR

    えうりでぃちぇさん
    お久しぶりです。^o^

    TB有難うございます。m(__)m

    あのネズミは本当に違和感感じました。
    確か、ネズミに置き換えられてるのは兵士の筈だと思うのですが、関係者がコメントをしてもあの違和感は消えないですね。

    仰るとおり、演出家が変わった事やりたかったのかとも感じますね。
    あと、ハリウッドSF映画みたいな演出にもしたかったのか?・・・とも感じさせられました。^^;

    最後の不気味な胎児も何の映画か忘れましたが、ハリウッドSF映画の中で似たようなものが登場してたのを観た記憶があるので映画の影響受けてるのかとも感じたりもしましたが、あのシーンで、あの様なキャラクターは止めて欲しいと感じました。

    主役のテノール歌手は、最初は、歌い方がカウンターテノールっぽい上に女性的だったので、ワーグナーのヘルデンテノールとは完全にかけ離れてる様な気もしましたね。^^;

    剣で戦うシーンは迫力が足りなかった気もします。-_-;

    1982年の「ローエングリン」の紹介有難うございます。m(__)m
    後で見せていただきますね。^o^
    無題
    ゆきさん、ご無沙汰してます。

    ネズミの国?のローエングリン、やっぱり違和感大きいですよね。合唱団がネズミである必然性全然感じませんでした。演出家が変わったことしたかっただけに感じます。戻ってきた弟が気色悪い胎児なのはもっとわかりませんでした。あちらの方は、ああいうの気味悪いって思わないんでしょうか。

    主役のテノールはだいぶ前に新国でホフマン@ホフマン物語で出会いました。その時はそういう風には思わなかったのですが、その後映像でいくつか視聴しんですけど、ほんとにカウンターテノールみたいというか、女性的で男性らしさゼロでした。今回のローエングリンは以前よりは男らしかったと思います。でも、演出的にもそうですが、騎士って感じはゼロですね。

    1982年バイロイトのローエングリンを是非全部見てください。

    http://euridiceneeds.blog.so-net.ne.jp/2010-09-03

    無題
    ゆきさん、ご無沙汰してます。

    ネズミの国?のローエングリン、やっぱり違和感大きいですよね。合唱団がネズミである必然性全然感じませんでした。演出家が変わったことしたかっただけに感じます。戻ってきた弟が気色悪い胎児なのはもっとわかりませんでした。あちらの方は、ああいうの気味悪いって思わないんでしょうか。

    主役のテノールはだいぶ前に新国でホフマン@ホフマン物語で出会いました。その時はそういう風には思わなかったのですが、その後映像でいくつか視聴しんですけど、ほんとにカウンターテノールみたいというか、女性的で男性らしさゼロでした。今回のローエングリンは以前よりは男らしかったと思います。でも、演出的にもそうですが、騎士って感じはゼロですね。

    1982年バイロイトのローエングリンを是非全部見てください。

    http://euridiceneeds.blog.so-net.ne.jp/2010-09-03

    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    非公開コメント
    この記事にトラックバックする:
    バイロイト音楽祭2011年「ローエングリン」TV放送
    ワーグナー:ローエングリン ハンス・ノイエンフェルス演出 アンドリス・ネルソンズ指揮 バイロイト音楽祭2011年 ローエングリン:クラウス・フロリアン・フォークト エルザ:アネッテ・ダッシュ テルラムント:トマス・トマソン オルトルート:ペトラ・ラング 国王:ゲオルク・ツェッペンフェルト 伝令:サミュエル・ユン NHKオンデマンドで8月29日まで、210円/幕/1日見放題です。
    URL 2011/09/08(Thu)18:14:35
    [435]  [434]  [433]  [432]  [431]  [430]  [429]  [428]  [427]  [426]  [425
    カレンダー
    04 2017/05 06
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31
    フリーエリア
    「管理人便り」
    お客様に伝えたい事は「管理人便り」に書いていきますのでぜひチェックして下さいね。^^;


    良かったらクリックしてやって下さいね!
    「Web拍手ボタン」クリックでYUKI@管理人へ1000文字程度のメッセージを送信出来ます。
    今後はこちらでWeb拍手メッセージの返信を書かせて頂きます。

    メールで返事が欲しい方は下記URLからメッセージをお願いします。
    http://6714.teacup.com/yuki178/mbox

    投票イベント「現代ヴァージョン化したら似合いそうなオペラ!」
    このBlogについて
    当Blogはオペラ・クラッシック音楽・映画・その他芸能やゲーム等のエンターテイメント関連を中心とした雑記Blogです。
    皆様からのコメントをお待ちしております。

    良かったら来て下さった記念にゲストブックに書き込みして下さいね!(^_^)

    コメント投稿欄のパスワード入力フォームはコメント編集用です。
    ただし編集出来るのはコメント本文だけでPNは直せなかった事が分かっています。
    ちなみに、削除は出来ませんので、削除したい場合は下のメールリンクからYUKI@管理人に知らせて下さいね。

    お客様からのコメントにYUKI@管理人がレスを書いた時はコメント一覧のお客様のPNの所にメモ&鉛筆マークが付いています。
    テンプレートに寄ってはYUKI@管理人が書いたレスが名無しになる事も。。。(^^;)

    コメントは営利目的・個人攻撃・無断個人情報掲載・記事と全く無関係のコメントはご遠慮願います。
    該当コメントは見つけ次第即刻削除します。
    当Blogでは宣伝目的防止の為にトラックバックは管理人認証掲載にさせて頂いています。
    トラックバックの設定はクラッシック音楽の関連のみとさせていただきます。
    記事と全くかけ離れた内容のトラックバックは掲載せずに削除しますのでご注意下さい。
    トラックバックの際はコメントを書いていただけた方が有難いです。

    「管理人詳細プロフィール」



    当Blogはリンクフリーですので別に連絡は要りません~!(^o^)

    YUKI@管理人の別主要Blog
    良かったら来て下さいね!(*^o^*)
    コメントも頂けたら嬉しいです!(^o^)

    「おしゃべり写真館」

    「おしゃべり日記帳」

    「ルイス・リマの私的ファンBlog」

    mixiのゆき@管理人プロフ
    最新コメント
    [09/30 ゆき@管理人]
    [09/28 nobu]
    [06/09 ゆき@管理人]
    [06/09 nobu]
    [03/26 ゆき@管理人]
    [03/26 nobu]
    [03/26 ゆき@管理人]
    [03/26 えうりでぃちぇ]
    [03/06 ゆき@管理人]
    [02/28 ゆき@管理人]
    [02/27 nobu]
    [02/16 ゆき@管理人]
    [02/14 えうりでぃちぇ]
    [02/07 ゆき@管理人]
    [02/06 nobu]
    [01/06 ゆき@管理人]
    [01/05 nobu]
    [01/04 ゆき@管理人]
    [01/04 えうりでぃちぇ]
    [09/09 ゆき@管理人]
    プロフィール
    HN:
    ゆき
    年齢:
    49
    性別:
    女性
    誕生日:
    1967/12/06
    職業:
    主婦
    趣味:
    映画・オペラ鑑賞
    自己紹介:
    映画「スター・ウォーズ」とテノール歌手ルイス・リマの大ファンです!
    他ではプレステ2等でゲームもやる事も。。。

    ●持っているゲーム
    「サルゲッチュ2」
    「サルゲッチュ3」
    「サルバトーレ」
    「ミリオンモンキーズ」
    「聖剣伝説2」
    「聖剣伝説3」
    「聖剣伝説/Legend of Mana」
    「聖剣伝説4」

    ●好きな音楽
    ヴェルディ、プッチーニ、ドニゼッティー等のイタリアオペラが大好きです!
    フランスもののグノーあたりも好きですね!

    ●ちなみにmixiに加入しています。
    私の検索キーワードは「ゆき スター・ウォーズ 聖剣伝説 ルイス・リマ」です!

    mixiでのニックネームは「★☆ゆき☆★」です。
    このBlogのプロフ画像と同じ画像を使っています。
    バーコード
    ブログ内検索
    カウンター
    フリーエリア
    アクセス解析
    フリーエリア


    この「コシ・ファン・トゥッテ」どちらも同じだけど、国内盤と輸入版で、輸入盤はメイキングみたいな映像があって面白い!^o^
    リージョンALLなので普通のDVDプレーヤーでも大丈夫の筈。^o^





        ◆ graphics by アンの小箱
        ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]