忍者ブログ
いらっしゃいませ。^o^ようこそ「エンタメおしゃべり帳」へ!^o^ 大量のスパムコメントに業を煮やしたので、コメントを戴ける場合はお手数ですが、「comment」とコメント本文中に入力お願いしますm(__)m コメント投稿認証コード=comment
11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • [PR]

    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    今まで聴いた印象深いオペラ歌手(ソプラノ編)

    ネットでオペラや歌手について熱く語ってらっしゃるオペラファンの皆様からすれば、まだまだオペラファンとしてヨチヨチ状態の私ですが・・・f^_^;
    そんな私が今まで鑑賞した歌手で印象深いと感じた歌手を挙げましょう!(^0^)/

    まずは女性歌手で印象深かった歌手を上げてまいりましょう!(^0^)/

    ★マリア・カラス
    彼女に関してはオペラファンならまず知らない人はいないと言って良いほどでしょう!
    没後30年以上になりますが、今も多くのオペラファンの間で彼女の生前の功績は語り継がれています。
    私はカラスに関してはオペラ全曲は未だに鑑賞していませんが、大学の時に学校の視聴覚室でよく彼女の歌うアリアを聴いていたものでした。

    鮮明に覚えているのは「ルチア」と「椿姫」。。。
    他のアリアも聴いた記憶があるのですが、有名アリアは色んな歌手が歌ったものを聴いているので、恥ずかしながら誰がどれを歌ったのを聴いたとかまでは覚えられていない面もあります。(^^;)

    しかしカラスの場合はコロラトゥーラからメゾのレパートリーまで歌っていた事はしっかりと覚えています。
    確か・・・「サムソンとデリラ」の「あなたの声に心は開く」とか「カルメン」の「ハバネラ」は聴いた記憶はありますが。。。

    彼女の歌声はどちらかと言うとリリコ系でスピントのかかった感じに思えたのですが、その声でコロラトゥーラの技巧が要求される「ルチア」の「狂乱の場」を歌っているのを聴いたのですが、違和感無く溶け込めるって気がしましたね!(^o^)
    それでオマケに「ルチア」ではあの「狂乱の場」で3点E音辺りまで上げて歌うのですが、その高音の発声で安心して聞いてられた。(*^o^*)
    この音はグルヴェルーヴァもコロラトゥーラの大御所的な歌手であって素晴らしいのですが、カラスも素敵でしたね~!(*^o^*)
    人の事言えませんが、あの音って案外出てもちょっとキーンとした感じの発声になる事が多いです。(^^;)
    まずは、キーンとしても出るだけ素晴らしい事なのですが。。。

    コロラトゥーラのレパートリーを歌う一方でメゾのレパートリーも歌っていたマリア・カラスですが。。。
    彼女はメゾのキャラクターのアリアを歌っても安定した感じで歌っていましたしね~!(*^o^*)

    一度、ある音楽雑誌でカラスの事を「コロラトゥーラからメゾまで歌いこなす」って感じで書いてあって、その後に「怪物」と書かれていました。(-_-")
    正直・・・「怪物」は失礼!(-_-")
    良い意味でその様に書かれたとは思いますが。。。(-o-;)
    しかし、彼女は50代の若さで亡くなったし、それに40代で引退してしまったと聞きました。
    彼女の早い引退はレパートリーの幅が広過ぎたという私的もあって、声に負担がかかったのでは?・・・という噂も聞いた事がありました。
    確かに、声に合わない曲を歌い過ぎると悪い事は悪いのですが。。。(-_-;)



    ソプラノ歌手で特別印象的な歌手はまだまだいます!(^o^)

    ★エディタ・グルヴェローヴァ
    彼女も好きですねぇ~!(*^o^*)
    私の先生も絶賛してらっしゃる歌手なのですが。。。
    彼女は殆どはモーツァルトやベルカントオペラ辺りが多いですよね?!
    とにかく彼女のコロラトゥーラの技巧が凄いです!
    先程もカキコしたように、「ルチア」の「狂乱の場」。。。
    あの最高音が安心して聴いてられる!
    若い時も素晴らしかったのですが、一昨年だったかな?
    確か、ウイーン国立歌劇場のガラコンサートで歌ってらっしゃったのを覚えていますが。。。
    彼女のプロフは「1946年生まれ」だったと思います。
    そしたらもう今では60歳過ぎていますし、このウイーンのコンサートの時は60歳になる前後くらいだったかな?
    通常なら年齢が増してくると声が重くなる歌手が多いのですが、グルヴェローヴァの場合はその年齢に達しているとは思えない程若々しい歌声を保っています。(^o^)

    ウイーン国立歌劇場のガラコンサートに関しては旧「オペラ・クラッシック音楽ノート」にレビューを書いています。(^o^)


    このネタ、印象深い歌手はまだまだいるのでちょっとずつカキコしていこうと思っています~!(*^o^*)

    続きはこちら(^_^)

    拍手[0回]

    PR

    やはりカラスはいい♪
    私、やっぱりカラス好きです。カラスは両極端だと聞いたことありますが・・・・・・

    わたしが初めて聴いたカラスは、「ノルマ」でした。私はけっこうメロディーを聴くのでこのベルカントなオペラだから気に入ったのか、カラスの声が気に入ったのか定かではないのですが・・・

    はっきり云って、美声とはいえないけど理屈抜きで好きです ♡ 

    Re:やはりカラスはいい♪
    >mi-yaさん
    カラスは凄いですよね!o(^-^)o

    >わたしが初めて聴いたカラスは、「ノルマ」でした。

    カラスのものではまだ聴いていませんが「ノルマ」の「清らかな女神」が凄く美しいですね!
    ノルマは案外感情的な役柄なのでカラスにはピッタリでしょうね!o(^-^)o
    >はっきり云って、美声とはいえないけど理屈抜きで好きです ? 

    カラスは独特のオ-ラを感じますよね!o(^-^)o
    【 管理人ゆき 2008/02/15 09:32】
    無題
    実際に歌われるYUKIさんの印象、興味深く読ませて頂きました。
    我々素人には、ソプラノ歌手の方が高い音を出すのは「普通のこと」と思ってしまうのですが、
    >3点E
    >あの音って案外出てもちょっとキーンとした感じの発声になる事が多いです。(^^;)
    >まずは、キーンとしても出るだけ素晴らしい事なのですが。。。
    と読んで、大変な技術なんだなあ。。と思いました。

    ぜひシリーズ化して書いてくださいね!
    なつさん
    >我々素人には、ソプラノ歌手の方が高い音を出すのは「普通のこと」と思ってしまうのですが、

    高い音になればなる程発声は大変なものになりますね。。。(-.-;)
    とにかくほんの僅かの狂いで失敗しますね。(-.-;)

    私の場合は3点E音は発声練習では上がった事がありますが、まだ実戦(アリア等の曲)では出してません。f^_^;
    「ルチアの狂乱の場」は楽譜だけ目を通しましたがレッスンの途中で打ち切られました。f^_^;

    >と読んで、大変な技術なんだなあ。。と思いました。

    そうなんです。f^_^;
    カラスやグルベロ-バ-辺りの様にあの音を聞く人にも気持ちよく聞こえる様に出せるのは本当に特別って言えるかもしれません。

    >ぜひシリーズ化して書いてくださいね!

    また少しずつ書いていきますね。(^0^)/
    【 管理人ゆき 2008/02/07 00:07】
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    非公開コメント
    この記事にトラックバックする:
    [94]  [93]  [91]  [92]  [90]  [89]  [88]  [87]  [86]  [85]  [84
    カレンダー
    10 2017/11 12
    S M T W T F S
    1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30
    フリーエリア
    「管理人便り」
    お客様に伝えたい事は「管理人便り」に書いていきますのでぜひチェックして下さいね。^^;


    良かったらクリックしてやって下さいね!
    「Web拍手ボタン」クリックでYUKI@管理人へ1000文字程度のメッセージを送信出来ます。
    今後はこちらでWeb拍手メッセージの返信を書かせて頂きます。

    メールで返事が欲しい方は下記URLからメッセージをお願いします。
    http://6714.teacup.com/yuki178/mbox

    投票イベント「現代ヴァージョン化したら似合いそうなオペラ!」
    このBlogについて
    当Blogはオペラ・クラッシック音楽・映画・その他芸能やゲーム等のエンターテイメント関連を中心とした雑記Blogです。
    皆様からのコメントをお待ちしております。

    良かったら来て下さった記念にゲストブックに書き込みして下さいね!(^_^)

    コメント投稿欄のパスワード入力フォームはコメント編集用です。
    ただし編集出来るのはコメント本文だけでPNは直せなかった事が分かっています。
    ちなみに、削除は出来ませんので、削除したい場合は下のメールリンクからYUKI@管理人に知らせて下さいね。

    お客様からのコメントにYUKI@管理人がレスを書いた時はコメント一覧のお客様のPNの所にメモ&鉛筆マークが付いています。
    テンプレートに寄ってはYUKI@管理人が書いたレスが名無しになる事も。。。(^^;)

    コメントは営利目的・個人攻撃・無断個人情報掲載・記事と全く無関係のコメントはご遠慮願います。
    該当コメントは見つけ次第即刻削除します。
    当Blogでは宣伝目的防止の為にトラックバックは管理人認証掲載にさせて頂いています。
    トラックバックの設定はクラッシック音楽の関連のみとさせていただきます。
    記事と全くかけ離れた内容のトラックバックは掲載せずに削除しますのでご注意下さい。
    トラックバックの際はコメントを書いていただけた方が有難いです。

    「管理人詳細プロフィール」



    当Blogはリンクフリーですので別に連絡は要りません~!(^o^)

    YUKI@管理人の別主要Blog
    良かったら来て下さいね!(*^o^*)
    コメントも頂けたら嬉しいです!(^o^)

    「おしゃべり写真館」

    「おしゃべり日記帳」

    「ルイス・リマの私的ファンBlog」

    mixiのゆき@管理人プロフ
    最新コメント
    [09/30 ゆき@管理人]
    [09/28 nobu]
    [06/09 ゆき@管理人]
    [06/09 nobu]
    [03/26 ゆき@管理人]
    [03/26 nobu]
    [03/26 ゆき@管理人]
    [03/26 えうりでぃちぇ]
    [03/06 ゆき@管理人]
    [02/28 ゆき@管理人]
    [02/27 nobu]
    [02/16 ゆき@管理人]
    [02/14 えうりでぃちぇ]
    [02/07 ゆき@管理人]
    [02/06 nobu]
    [01/06 ゆき@管理人]
    [01/05 nobu]
    [01/04 ゆき@管理人]
    [01/04 えうりでぃちぇ]
    [09/09 ゆき@管理人]
    プロフィール
    HN:
    ゆき
    年齢:
    49
    性別:
    女性
    誕生日:
    1967/12/06
    職業:
    主婦
    趣味:
    映画・オペラ鑑賞
    自己紹介:
    映画「スター・ウォーズ」とテノール歌手ルイス・リマの大ファンです!
    他ではプレステ2等でゲームもやる事も。。。

    ●持っているゲーム
    「サルゲッチュ2」
    「サルゲッチュ3」
    「サルバトーレ」
    「ミリオンモンキーズ」
    「聖剣伝説2」
    「聖剣伝説3」
    「聖剣伝説/Legend of Mana」
    「聖剣伝説4」

    ●好きな音楽
    ヴェルディ、プッチーニ、ドニゼッティー等のイタリアオペラが大好きです!
    フランスもののグノーあたりも好きですね!

    ●ちなみにmixiに加入しています。
    私の検索キーワードは「ゆき スター・ウォーズ 聖剣伝説 ルイス・リマ」です!

    mixiでのニックネームは「★☆ゆき☆★」です。
    このBlogのプロフ画像と同じ画像を使っています。
    バーコード
    ブログ内検索
    カウンター
    フリーエリア
    アクセス解析
    フリーエリア


    この「コシ・ファン・トゥッテ」どちらも同じだけど、国内盤と輸入版で、輸入盤はメイキングみたいな映像があって面白い!^o^
    リージョンALLなので普通のDVDプレーヤーでも大丈夫の筈。^o^





        ◆ graphics by アンの小箱
        ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]