忍者ブログ
いらっしゃいませ。^o^ようこそ「エンタメおしゃべり帳」へ!^o^ 大量のスパムコメントに業を煮やしたので、コメントを戴ける場合はお手数ですが、「comment」とコメント本文中に入力お願いしますm(__)m コメント投稿認証コード=comment
06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • [PR]

    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ヴェルディ「椿姫」Story攻略

    このオペラは悲劇ですが歴史ものと言うか、古典的な時代の設定になった作品が多いヴェルディのオペラとしては庶民的な内容と言うのか、そんな感じのオペラですね。
    解説では「初の現代もの」と書かれた本がありますが、「現代もの」と言うのはヴィルディ自身にとって「現代もの」と言う事だと思います。(^^;)
    ヴェルディは19世紀の作曲家なので、その時期に近い時代と言う事でしょう。
    ちなみに台本のピアーヴェはヴェルディの別のオペラでも台本を手がけていますね。
    「マクベス」と「運命の力」の初演版がそうですねぇ。

    台本・・・フランチェスコ・マリア・ピアーヴェ
    作曲年・・・1853年
    初演・・・1853年ヴェネチア・フェニーチェ座

    登場人物
    ヴィオレッタ(ソプラノ)
    アルフレード(テノール)
    ジェルモン(バリトン)
    フローラ(メゾ・ソプラノ)
    アンニーナ(ソプラノ)
    ガストン(テノール)
    ドゥフォール男爵(バス)
    グランヴィル(バス)


    あらすじ
    第一幕

    ヴィオレッタはパリの社交界の花って感じの女性です!(*^o^*)
    そんな彼女の家の客間で夜会が行われています。
    その時に彼女はガストン子爵にアルフレードを紹介されます。
    超有名なアルフレード&ヴィオレッタが歌う合唱付のデュエット「乾杯の歌」を歌ったりしてメッチャ賑やか~!
    しかしヴィオレッタは突然体調が悪くなっちゃうんですよねぇ。。。(--;)
    彼女は胸の病を患ってるんです。
    だけど、皆には心配かけないように振舞っていました。
    皆が去った後にアルフレードが彼女にずっと思い続けてた事を告白。
    彼女にとっては最初はこんな事は言われ慣れてるんでしょう?!(^^;)
    だから受け流した感じでしたが、その内に彼女もホロリ!(*^o^*)
    だんだんとアルフレードの事が気になっちゃうんですよね~!(^_^)


    第二幕

    あれから数ヵ月後。。。
    アルフレード&ヴィオレッタは一緒にパリの近郊でのどかな愛の生活を送っています!
    しかし家計があまり良い状態でない・・・ってかピンチ気味。。。(-_-;)
    そんな事を知ったアルフレードは金策にパリへGo!
    残っているヴィオレッタの元にアルフレードの父ジェルモンがやって来ました。
    ジェルモンがヴィオレッタの元にやって来たのは良い知らせを持ってきたのではありません。。。
    それどころか・・・。(-_-;)
    「アルフレードと別れてくれ!-_-;」って訴えに来たんです!(-_-;)
    実はジェルモンにとっては息子が娼婦と付き合ってたら娘の縁談に差し支えるって思って頼み込みに来たのです。
    ヴィオレッタにとってはショッキングな訴えですが彼女は泣く泣く了承。。。(;_:)
    アルフレードとの別れを決意しちゃうのです~!(--;)
    純情なヴィオレッタは別れるのをジェルモンのせいにせずに、自分が心変わりした様に装って別れる事にします。

    それから後にアルフレードもヴィオレッタもフローラからパーティーに招かれます。
    そこではアルフレードとヴィオレッタが分かれた事で話題に。。。(-_-;)
    アルフレードはヴィオレッタにふられたとばかり思い込んでる。。。
    当然・・・彼は父親が彼女に「息子と別れてくれー!」って訴えた事は全く知らないのですから不機嫌なのは当たり前でしょう。(--;)
    彼はガストン子爵達とカードゲームをやって遊びます!
    アルフレードは不機嫌だけどこのカードゲームにはけっこう勝ってる。。。(^^;)
    だけど・・・不機嫌。。。(-_-")
    そんな所へかつての交際相手だったドゥフォール男爵と一緒にヴィオレッタが。。。
    彼女はアルフレードを見て青ざめてしまうんです。(-_-;;)
    アルフレードはヴィオレッタからフローラの所に来る前から絶縁状を既に受け取らされたんですよねぇ。
    それで彼はブチキレ状態でヴィオレッタを問い詰め、ヴィオレッタはドゥフォールの事が好きな様なニュアンスの事を言った事でアルフレードはプッツン!(-_-")
    彼は大勢の前でヴィオレッタに対して札束をぶつける!・・・っていうとんでもない行為に走ってしまった!(-_-")
    ショックのあまり、ヴィオレッタはその場で倒れこんでしまいます。
    皆はアルフレードの無礼な行為に大ブーイング!(-_-")
    そんな所へパパのジェルモンがアルフレードに喝ーーー!!!(-_-")
    アルフレードは自らしでかしたバカな行為を悔やみます。


    第三幕

    数ヵ月後、ヴィオレッタは病が悪化。。。
    医者も彼女の命があと僅かな事を宣告します。。。
    彼女はアルフレードの父ジェルモンからの手紙を読んで、その手紙にはこの前の無礼を詫びに伺いたいと言う事と自らも伺う事も書かれています。
    しかし余命短い彼女にとってはもう遅すぎると感じました。。。(-_-;)
    しかしアルフレードがやって来た!(^o^)
    ヤッタネ!(*^o^*)
    2人は再会を喜びますが、ヴィオレッタはダウン!(-_-;)
    そんな時にジェルモンもやって来て、彼女に許しを請いに来ました。
    しかし、それからヴィオレッタは自らの肖像画をジェルモンに託し、「清らかな乙女」に渡して欲しい!・・・と伝えます。
    しかしラストは突然立ち上がり、その時は苦しみも無く生きられると叫んでその場で倒れこんで息を引き取ります。(;_;)


    ゆき@管理人のコメントコーナー
    ラストはようやくアルフレードと再会出来たのに悲しいよね!(-_-;)
    パパのジェルモンも最後はヴィオレッタを娘として抱きしめにきた・・・と言うところは心が本当に和まされます。
    ジェルモンもまぁ言えば・・・最初は世間体を気にするパパって感じだった。。。
    けど当時はかなりあり得ると思う。
    今でもあり得ると思う。。。

    解説本に寄れば「ヴィルディのオペラとしては初の現代物」ってニュアンスで書かれていたけど、「現代物」と言うのはヴェルディが活躍した時代当時でその当時の現代物って事です。
    今の時代での「現代物」ではないですよ~!(^^;)


    「椿姫」に関する雑記


    どうでも良いことですが、この記事は5月8日に予約の自動更新すると思います。

    拍手[0回]

    PR

    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    非公開コメント
    この記事にトラックバックする:
    [333]  [329]  [332]  [331]  [328]  [327]  [326]  [325]  [324]  [96]  [323
    カレンダー
    05 2017/06 07
    S M T W T F S
    1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30
    フリーエリア
    「管理人便り」
    お客様に伝えたい事は「管理人便り」に書いていきますのでぜひチェックして下さいね。^^;


    良かったらクリックしてやって下さいね!
    「Web拍手ボタン」クリックでYUKI@管理人へ1000文字程度のメッセージを送信出来ます。
    今後はこちらでWeb拍手メッセージの返信を書かせて頂きます。

    メールで返事が欲しい方は下記URLからメッセージをお願いします。
    http://6714.teacup.com/yuki178/mbox

    投票イベント「現代ヴァージョン化したら似合いそうなオペラ!」
    このBlogについて
    当Blogはオペラ・クラッシック音楽・映画・その他芸能やゲーム等のエンターテイメント関連を中心とした雑記Blogです。
    皆様からのコメントをお待ちしております。

    良かったら来て下さった記念にゲストブックに書き込みして下さいね!(^_^)

    コメント投稿欄のパスワード入力フォームはコメント編集用です。
    ただし編集出来るのはコメント本文だけでPNは直せなかった事が分かっています。
    ちなみに、削除は出来ませんので、削除したい場合は下のメールリンクからYUKI@管理人に知らせて下さいね。

    お客様からのコメントにYUKI@管理人がレスを書いた時はコメント一覧のお客様のPNの所にメモ&鉛筆マークが付いています。
    テンプレートに寄ってはYUKI@管理人が書いたレスが名無しになる事も。。。(^^;)

    コメントは営利目的・個人攻撃・無断個人情報掲載・記事と全く無関係のコメントはご遠慮願います。
    該当コメントは見つけ次第即刻削除します。
    当Blogでは宣伝目的防止の為にトラックバックは管理人認証掲載にさせて頂いています。
    トラックバックの設定はクラッシック音楽の関連のみとさせていただきます。
    記事と全くかけ離れた内容のトラックバックは掲載せずに削除しますのでご注意下さい。
    トラックバックの際はコメントを書いていただけた方が有難いです。

    「管理人詳細プロフィール」



    当Blogはリンクフリーですので別に連絡は要りません~!(^o^)

    YUKI@管理人の別主要Blog
    良かったら来て下さいね!(*^o^*)
    コメントも頂けたら嬉しいです!(^o^)

    「おしゃべり写真館」

    「おしゃべり日記帳」

    「ルイス・リマの私的ファンBlog」

    mixiのゆき@管理人プロフ
    最新コメント
    [09/30 ゆき@管理人]
    [09/28 nobu]
    [06/09 ゆき@管理人]
    [06/09 nobu]
    [03/26 ゆき@管理人]
    [03/26 nobu]
    [03/26 ゆき@管理人]
    [03/26 えうりでぃちぇ]
    [03/06 ゆき@管理人]
    [02/28 ゆき@管理人]
    [02/27 nobu]
    [02/16 ゆき@管理人]
    [02/14 えうりでぃちぇ]
    [02/07 ゆき@管理人]
    [02/06 nobu]
    [01/06 ゆき@管理人]
    [01/05 nobu]
    [01/04 ゆき@管理人]
    [01/04 えうりでぃちぇ]
    [09/09 ゆき@管理人]
    プロフィール
    HN:
    ゆき
    年齢:
    49
    性別:
    女性
    誕生日:
    1967/12/06
    職業:
    主婦
    趣味:
    映画・オペラ鑑賞
    自己紹介:
    映画「スター・ウォーズ」とテノール歌手ルイス・リマの大ファンです!
    他ではプレステ2等でゲームもやる事も。。。

    ●持っているゲーム
    「サルゲッチュ2」
    「サルゲッチュ3」
    「サルバトーレ」
    「ミリオンモンキーズ」
    「聖剣伝説2」
    「聖剣伝説3」
    「聖剣伝説/Legend of Mana」
    「聖剣伝説4」

    ●好きな音楽
    ヴェルディ、プッチーニ、ドニゼッティー等のイタリアオペラが大好きです!
    フランスもののグノーあたりも好きですね!

    ●ちなみにmixiに加入しています。
    私の検索キーワードは「ゆき スター・ウォーズ 聖剣伝説 ルイス・リマ」です!

    mixiでのニックネームは「★☆ゆき☆★」です。
    このBlogのプロフ画像と同じ画像を使っています。
    バーコード
    ブログ内検索
    カウンター
    フリーエリア
    アクセス解析
    フリーエリア


    この「コシ・ファン・トゥッテ」どちらも同じだけど、国内盤と輸入版で、輸入盤はメイキングみたいな映像があって面白い!^o^
    リージョンALLなので普通のDVDプレーヤーでも大丈夫の筈。^o^





        ◆ graphics by アンの小箱
        ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]