忍者ブログ
いらっしゃいませ。^o^ようこそ「エンタメおしゃべり帳」へ!^o^ 大量のスパムコメントに業を煮やしたので、コメントを戴ける場合はお手数ですが、「comment」とコメント本文中に入力お願いしますm(__)m コメント投稿認証コード=comment
06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • [PR]

    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ヴェルディ「運命の力」Story攻略

    このオペラはロシア・ペテルブルクの帝室歌劇場の依頼で作られたオペラだそうです。
    オリジナルの作曲は1861~1862年にかけてだそうですが、後の1868年に主に4幕を大幅に改訂したとの事で、最近では改訂した方のバージョンで上演されているみたいです。

    台本・・・フランチェスコ・マリア・ピアーヴェ、改定版はアントニオ・ギスラントーニ。
    作曲年・・・1861~1862年
    初演・・・1862年11月ペテルブルク帝室歌劇場

    登場人物
    レオノーラ(ソプラノ)
    ドン・アルヴァ-ロ(テノール)
    ドン・カルロ(バリトン)
    プレツィオジッラ(メゾ・ソプラノ)
    グアルディアーノ神父(バス)
    フラ・メリトーネ(バス)
    カルトラーヴァ侯爵(バス)
    クーラ(メゾ・ソプラノ)
    行商人(テノール)


    あらすじ
    第一幕

    18世紀半ば頃のスペイン・セビリア地方のカルトラーヴァ侯爵の館で侯爵の娘であるレオノーラが悲しげな表情で恋人アルヴァ-ロが来るのを待っています。
    そんな娘の様子を見た侯爵は彼女を慰めて寝室に。。。
    実は彼女はアルヴァ-ロと一緒に駆け落ちをする事を約束していたのです。
    しかし彼女は父の事であまり乗り気ではありません。
    やって来たアルヴァ-ロは、そんな彼女に駆け落ちをする様に勧めます。
    アルヴァ-ロの説得に応じた彼女は彼と一緒に出かけようとしますが・・・そこへ物音に気付いた侯爵が入ってきます。(^^;)
    当然、不審者がいるのでは?!・・・って感じでしょう。。。(^^;)
    剣を持って出てきたのです。
    アルヴァ-ロは駆け落ちはするつもりでも侯爵と争う気は全くありません。
    それでその事を示す為に自分の持っているピストルを投げ捨てるのですが・・・運悪く・・・ピストルは暴発してしまってその弾丸が侯爵に命中してしまったのです。。。(-_-;;)
    そして侯爵は娘レオノーラを呪いながら息絶えてしまいました。(-_-;)


    第二幕

    前幕でのピストル暴発死亡事故が起こってアルヴァ-ロ&レオノーラは逃げますが、レオノーラの兄ドン・カルロは当然の事ながら逃げた妹を探す為に追跡します。
    一方レオノーラも逃げる途中で恋人アルヴァ-ロと逸れちゃったんですよねぇ。。。(-_-;;)
    そんな彼女は村の宿屋の居酒屋の所で自分を追跡しに来た兄の姿を見つけてしまって慌てて隠れます。
    カルロは学生の扮装をして妹を追跡しているのですが、ジプシーの娘プレツィオジッラが戦いの賛歌を歌いカルロの手相を見て彼が学生ではない事を見抜いてしまいました。(^^;)
    そんな時に外を巡礼団が通って祈りを捧げているとカルロはその辺の人々にレオノーラに関する手がかりが何か無いかと思って探りを始めます。
    そんな彼は友人の話の様に装って身の上話を語るのです。(^^;)

    山の上に建つ修道院では恋人アルヴァ-ロと逸れてしまったレオノーラが疲れ果てた様子で修道院の門を叩きます。
    彼女は逃げる最中に兄カルロが宿屋で話していた事をこっそり聞いており、その話の内容からアルヴァ-ロは自分を捨てて逃げてしまった・・・と思い込んでしまうんです。。。(-_-;)
    そんな彼女は修道院のグアルディアーノ神父に自らの罪を語り、修道院に救いを求めます。
    そこで神父はレオノーラが山上にある洞窟にこもる事を許可!(^_^)
    そして他の修道僧達に彼女に探りを入れたりする事を禁止します!



    第三幕

    一方レオノーラと逸れてしまったアルヴァ-ロは?・・・と言うと。。。
    北イタリアの戦地に赴いて闘っていたのです!(-_-;)
    士官として戦っているのですが、恋人レオノーラが死んでしまった・・・と思い込んでしまって彼女を偲んでいます。(-_-;)
    そんな時に助けを求める戦友の声が。。。
    その戦友こそがレオノーラの兄カルロ!
    これから2人は偽名を使って友情を誓うのですが・・・偽名を使って仲良くしていられるのも・・・ここまでだーーー!(-_-")
    再び戦闘が始まり、アルヴァ-ロは負傷!
    それだけでは済ませられない!
    カルロは自分の父カルトラーヴァ侯爵の名前を聞いて動揺するアルヴァ-ロの様子を見て、アルヴァ-ロ&レオノーラにとっては不利になる事を察知してしまう!(-_-;)
    カルロの父の事でアルヴァ-ロが動揺した事で、アルヴァ-ロが自分の身に万が一の事が起きたら焼くように頼んだ小箱をカルロが開けてしまって、そこにはレオノーラの肖像画が!!!(゚o゚)
    当然カルロは黙っていませんよねぇ~!(-_-;)

    当然の事ながらカルロは復讐の鬼に・・・って感じ。。。
    カルロは傷が治ったアルヴァ-ロに決闘を申し込みます。
    アルヴァ-ロは恋人レオノーラが生きていた事を知って喜びますが、カルロは容赦しません!
    カルロはアルヴァ-ロ&レオノーラ2人共殺すつもりでいます!
    そんな事でアルヴァ-ロはカルロと決闘を。。。
    だけど、他の兵士達に止められてその時はセーフ!・・・って感じですが、余りにも過酷な運命を感じたアルヴァ-ロは修道院入りを決意します!


    第四幕

    5年の月日が経っちゃいました。
    スペインの修道院の中庭で修道士のメリトーネが貧しい人々にお恵みを与えています。
    しかし彼はどっちかと言うと・・・ケチ!
    貧しい人々からブーを浴びせられて施しを止めてしまいます。(-_-;)
    彼は新入りのラファエルっていう修道士の事を何となく怪しんでいるのです。。。
    そんな時にカルロがラファエルを訪ねてきました。
    実は・・・何と・・・"ラファエル"って言うのはアルヴァ-ロの事だったのです!(゚o゚)
    しかしカルロは"ラファエル"っていう偽名を使っているアルヴァ-ロの正体を見抜いているのか、またまた決闘を申し込む!(-_-")
    アルヴァ-ロは修道院入りした事で神に身を捧げている・・・として決闘には消極的!
    だけど、カルロに散々詰られ、インカの血筋までも馬鹿にされた感じの詰られ方をして遂にアルヴァ-ロもブチギレになり、剣を抜きます!
    (アルヴァ-ロはインカの血筋を引いているのです)
    決闘を売ったカルロと散々馬鹿にされてキレたアルヴァ-ロは決闘の為に裏山へ登っていきます。

    一方、岩山の洞窟の庵ではレオノーラが祈りを捧げていたのですが、人が近付く気配を感じて隠れます。
    近付いてきた人物は実はアルヴァ-ロ!
    彼はそこにレオノーラがいる事を知らずに自分が傷付けた男の事を頼むのですが、何とそこにはレオノーラが。。。
    驚いた彼は彼女に兄カルロを刺してしまった事を告げます。
    彼女が瀕死の状態の兄の元へ駆けつけると・・・カルロは最後の最後まで妹を許しませんでした。
    カルロは最後の力を振り絞って妹を剣で突き刺して傷つけます。
    そこへグアルディアーノ神父やアルヴァ-ロが駆けつけます。
    兄に刺されたレオノーラは「天上で待つ」と言い残して息絶えます。


    このオペラに関するゆき@管理人の雑記

    拍手[0回]

    PR

    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    非公開コメント
    この記事にトラックバックする:
    [331]  [328]  [327]  [326]  [325]  [324]  [96]  [323]  [322]  [321]  [320
    カレンダー
    05 2017/06 07
    S M T W T F S
    1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30
    フリーエリア
    「管理人便り」
    お客様に伝えたい事は「管理人便り」に書いていきますのでぜひチェックして下さいね。^^;


    良かったらクリックしてやって下さいね!
    「Web拍手ボタン」クリックでYUKI@管理人へ1000文字程度のメッセージを送信出来ます。
    今後はこちらでWeb拍手メッセージの返信を書かせて頂きます。

    メールで返事が欲しい方は下記URLからメッセージをお願いします。
    http://6714.teacup.com/yuki178/mbox

    投票イベント「現代ヴァージョン化したら似合いそうなオペラ!」
    このBlogについて
    当Blogはオペラ・クラッシック音楽・映画・その他芸能やゲーム等のエンターテイメント関連を中心とした雑記Blogです。
    皆様からのコメントをお待ちしております。

    良かったら来て下さった記念にゲストブックに書き込みして下さいね!(^_^)

    コメント投稿欄のパスワード入力フォームはコメント編集用です。
    ただし編集出来るのはコメント本文だけでPNは直せなかった事が分かっています。
    ちなみに、削除は出来ませんので、削除したい場合は下のメールリンクからYUKI@管理人に知らせて下さいね。

    お客様からのコメントにYUKI@管理人がレスを書いた時はコメント一覧のお客様のPNの所にメモ&鉛筆マークが付いています。
    テンプレートに寄ってはYUKI@管理人が書いたレスが名無しになる事も。。。(^^;)

    コメントは営利目的・個人攻撃・無断個人情報掲載・記事と全く無関係のコメントはご遠慮願います。
    該当コメントは見つけ次第即刻削除します。
    当Blogでは宣伝目的防止の為にトラックバックは管理人認証掲載にさせて頂いています。
    トラックバックの設定はクラッシック音楽の関連のみとさせていただきます。
    記事と全くかけ離れた内容のトラックバックは掲載せずに削除しますのでご注意下さい。
    トラックバックの際はコメントを書いていただけた方が有難いです。

    「管理人詳細プロフィール」



    当Blogはリンクフリーですので別に連絡は要りません~!(^o^)

    YUKI@管理人の別主要Blog
    良かったら来て下さいね!(*^o^*)
    コメントも頂けたら嬉しいです!(^o^)

    「おしゃべり写真館」

    「おしゃべり日記帳」

    「ルイス・リマの私的ファンBlog」

    mixiのゆき@管理人プロフ
    最新コメント
    [09/30 ゆき@管理人]
    [09/28 nobu]
    [06/09 ゆき@管理人]
    [06/09 nobu]
    [03/26 ゆき@管理人]
    [03/26 nobu]
    [03/26 ゆき@管理人]
    [03/26 えうりでぃちぇ]
    [03/06 ゆき@管理人]
    [02/28 ゆき@管理人]
    [02/27 nobu]
    [02/16 ゆき@管理人]
    [02/14 えうりでぃちぇ]
    [02/07 ゆき@管理人]
    [02/06 nobu]
    [01/06 ゆき@管理人]
    [01/05 nobu]
    [01/04 ゆき@管理人]
    [01/04 えうりでぃちぇ]
    [09/09 ゆき@管理人]
    プロフィール
    HN:
    ゆき
    年齢:
    49
    性別:
    女性
    誕生日:
    1967/12/06
    職業:
    主婦
    趣味:
    映画・オペラ鑑賞
    自己紹介:
    映画「スター・ウォーズ」とテノール歌手ルイス・リマの大ファンです!
    他ではプレステ2等でゲームもやる事も。。。

    ●持っているゲーム
    「サルゲッチュ2」
    「サルゲッチュ3」
    「サルバトーレ」
    「ミリオンモンキーズ」
    「聖剣伝説2」
    「聖剣伝説3」
    「聖剣伝説/Legend of Mana」
    「聖剣伝説4」

    ●好きな音楽
    ヴェルディ、プッチーニ、ドニゼッティー等のイタリアオペラが大好きです!
    フランスもののグノーあたりも好きですね!

    ●ちなみにmixiに加入しています。
    私の検索キーワードは「ゆき スター・ウォーズ 聖剣伝説 ルイス・リマ」です!

    mixiでのニックネームは「★☆ゆき☆★」です。
    このBlogのプロフ画像と同じ画像を使っています。
    バーコード
    ブログ内検索
    カウンター
    フリーエリア
    アクセス解析
    フリーエリア


    この「コシ・ファン・トゥッテ」どちらも同じだけど、国内盤と輸入版で、輸入盤はメイキングみたいな映像があって面白い!^o^
    リージョンALLなので普通のDVDプレーヤーでも大丈夫の筈。^o^





        ◆ graphics by アンの小箱
        ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]