忍者ブログ
いらっしゃいませ。^o^ようこそ「エンタメおしゃべり帳」へ!^o^ 大量のスパムコメントに業を煮やしたので、コメントを戴ける場合はお手数ですが、「comment」とコメント本文中に入力お願いしますm(__)m コメント投稿認証コード=comment
10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • [PR]

    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ドニゼッティ「アンナ・ボレーナ」Story攻略

    ドニゼッティの33歳の頃のオペラで、彼の最初の成功作とされていたようです。
    このオペラは16世紀頃のイギリス国王ヘンリー8世の2番目の妃で打ち首(日本式の言い方ですが^^;;)にされてしまったアン・ブーリンがモデルとなっているオペラだそうです。
    オペラでは実在の歴史上人物の名前はイタリア式(?)に変えている様な感じですが、ヘンリー8世=エンリーコ8世
    アン・ブーリン=アンナ・ボレーナ
    ジーン・シーモア=ジョヴァンナ
    リチャード・パーシ=リッカルド・ペルシ
    以上の様に名前を変えてあります。

    台本・・・フェリーチェ・ロマーニ
    作曲年・・・1830年
    初演・・・1830年12月 ミラノ・テアトゥロ・カルカノ

    登場人物
    アンナ・ボレーナ(ソプラノ)
    ジョヴァンナ(メゾ・ソプラノ)
    エンリーコ8世(バス)
    リッカルド・ペルシ(テノール)
    スメトン(メゾ・ソプラノ)
    ロシュフォール卿(バス)
    エルヴェイ(テノール)


    あらすじ
    第一幕

    16世紀前半頃のイギリス・ウインザー城内の広間ではイギリス国王エンリーコ8世が女官のジョバンナに恋をして王妃であるアンナに対して冷たい態度を取る様になっています。
    この国王は過去に周りの人々から反対をされていたにも関わらず、その周囲の反対を押し切って最初の王妃と離婚をしてアンナを王妃としたのです。
    それで今ではアンナにも飽いてしまったって感じ。。。(^^;;)
    実は王妃アンナも過去にペルシという恋人いて、彼の事が忘れられないのです。
    国王にとってはこの事が気に入らず、アンナが裏切った様に思い込んでしまうのです。
    夫である国王の態度に不安を抱いているアンナは気晴らしに楽師スメトンに歌を歌ってもらうのですが、それでも気分が晴れません。
    王に愛されているジョバンナは国王が自分の主人でもある王妃アンナに対する冷たい仕打ちで良い気分ではありません。
    そんなジョバンナに対して国王は彼女を王妃として迎え入れる様な事をほのめかします。
    国王はアンナを王妃の座から放り出して女官のジョバンナを次の妃とするつもりだったのです。

    その一方では、アンナのかつての恋人ペルシが反逆罪で追放されていたのですが、ご赦免で再びロンドンに戻って来ました。
    彼はアンナの兄であるロシュフォール卿と再会を喜び合い、国王はペルシを王妃アンナと再会させます。
    王妃とペルシの仲を疑っている国王はこの昔の恋人同士の仲を周囲に見せ付けて自分の妃が不倫をしている様に周りに示そうとする為に工作しているのです。
    それで再会した昔の恋人同士アンナ&ペルシ。
    ペルシはご赦免を感謝して国王の目の前でアンナにキスをするので、更に国王は疑いを抱き、部下のエルヴェイに2人の監視を命じます。

    アンナの居間ではスメトンがこっそり忍び込んでいます。
    彼は以前彼女の部屋から盗んだ王妃の肖像画をこっそりと戻そうとしていたのです。
    そんな時にアンナとペルシが現れたのでスメトンは当然の事ながら慌てて姿を隠します。
    アンナとペルシは元の恋人同士。。。
    ペルシは王妃となったアンナを口説きますが当然拒否。
    今は王妃でも昔の恋人に拒絶されてショックを受けたペルシは短刀を取り出して自殺を図ろうとしますが、隠れていたスメトンが出てきて止めます。
    このややこしい状況の所へ国王エンリーコ登場!
    国王は騒ぎを聞きつけて駆け込んでくるのです。
    それで更に運が悪い状況に陥ります。。。
    スメトンが以前盗んだ王妃の肖像画を隠し持っていたのですが、それを落としてしまうのです。。。
    それでスメトンが王妃の肖像画を落とした事で国王は完全にブチギレ状態!
    妃であるアンナが自分を裏切り、他の男と浮気をしたと思い込んで彼女を不貞の罪で裁判にかける事を宣告します。


    第二幕

    不貞の罪を着せられたアンナは軟禁状態にされています。
    彼女の女官達は証人として連れて行かれ、ショック状態に陥っているアンナの元へジョヴァンナがやって来ます。
    彼女はアンナに国王と離婚するように促し、離婚すれば許してもらえる事を告げます。
    しかしアンナは拒否します。
    ジョヴァンナはアンナを助けたい一心で、遂に自らが国王の愛人である事を告げます。
    アンナはそんな彼女を許し、国王に思いを寄せられている事で悩んでいる彼女を慰めます。

    いよいよアンナは裁判にかけられます。
    裁判の控の間でスメトンは王妃が不倫していた様に嘘の証言をしてしまうのです。
    実はスメトンはハメられていたのです。
    彼はこの様な嘘の証言をすれば、王妃を救う事になる・・・と騙されていたのです。
    アンナは必死に懇願し、ペルシもアンナの潔白を訴えますが国王は2人の訴えを突っぱねてアンナに死刑を宣告します。
    それでジョヴァンナもアンナを救う為に自分は身を引きたいと願い出ますがそれも国王には通用せず、結局はアンナの死刑が確定した事が告げられます。

    遂に死刑が確定したアンナはロンドン塔の牢獄に投獄され、自分のかつての恋人ペルシも処刑され、また、兄ロシュフォールまでも処刑される事を知り、遂に発狂。。。
    嘆き悲しむ侍女を前にアンナは恋人達が処刑された合図と国王とジョヴァンナが祝福される物音が聞えた事で更に発狂してその場に倒れ込み、そのまま息を引き取ってしまいます。


    YUKIのコメント

    YUKIはこのオペラのラストで歌われるアンナのアリア「私の生まれたお城」を歌っています。(^_^)
    歌っているとかなり体力が要りますが、劇的な雰囲気があって好きなアリアです。
    だけど・・・ストーリーからすると女の悲しみが滲み出た感じのオペラですよねぇ。
    史実ではアンナのモデルでもあるヘンリー8世の王妃アン・ブーリンは最後は打ち首に処されてしまいます。
    だけど、このオペラではアンナは死刑を宣告されるものの、処刑されるまでに狂死してしまうのですが、処刑よりはまだこの方が救いの様な、またある意味では残酷な様な気もします。
    余談ですが、ドニゼッティのオペラってイギリスの王室ものの悲劇の題材というのか、テーマにしたオペラが目立っています。
    この「アンナ・ボレーナ」もそうですが、あともう一つは「マリア・ストゥルダ」という作品があって、こちらはスコットランド王室の女王メアリー・スチュアートがモデルでイングランドの女王エリザベスとの対立みたいなものがテーマになっていたと思います。
    このメアリー・スチュアートも処刑されてしまうのですよねぇ。。。
    「マリア・ストゥルダ」ではタイトルロールはラストは処刑される設定になっています。


    余談ですが・・・^_^;;
    現在、毎日更新している記事はサービス終了でもうすく閉鎖される「YUKIのオペラ・ミニミニ・ストーリー解説」というBlogの記事をこちらへ転載しています。
    だから、ここしばらくは記事は夜に予約自動更新するように設定しています。^_^;

    拍手[3回]

    PR

    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    非公開コメント
    この記事にトラックバックする:
    [341]  [338]  [337]  [336]  [335]  [334]  [333]  [329]  [332]  [331]  [328
    カレンダー
    09 2017/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    フリーエリア
    「管理人便り」
    お客様に伝えたい事は「管理人便り」に書いていきますのでぜひチェックして下さいね。^^;


    良かったらクリックしてやって下さいね!
    「Web拍手ボタン」クリックでYUKI@管理人へ1000文字程度のメッセージを送信出来ます。
    今後はこちらでWeb拍手メッセージの返信を書かせて頂きます。

    メールで返事が欲しい方は下記URLからメッセージをお願いします。
    http://6714.teacup.com/yuki178/mbox

    投票イベント「現代ヴァージョン化したら似合いそうなオペラ!」
    このBlogについて
    当Blogはオペラ・クラッシック音楽・映画・その他芸能やゲーム等のエンターテイメント関連を中心とした雑記Blogです。
    皆様からのコメントをお待ちしております。

    良かったら来て下さった記念にゲストブックに書き込みして下さいね!(^_^)

    コメント投稿欄のパスワード入力フォームはコメント編集用です。
    ただし編集出来るのはコメント本文だけでPNは直せなかった事が分かっています。
    ちなみに、削除は出来ませんので、削除したい場合は下のメールリンクからYUKI@管理人に知らせて下さいね。

    お客様からのコメントにYUKI@管理人がレスを書いた時はコメント一覧のお客様のPNの所にメモ&鉛筆マークが付いています。
    テンプレートに寄ってはYUKI@管理人が書いたレスが名無しになる事も。。。(^^;)

    コメントは営利目的・個人攻撃・無断個人情報掲載・記事と全く無関係のコメントはご遠慮願います。
    該当コメントは見つけ次第即刻削除します。
    当Blogでは宣伝目的防止の為にトラックバックは管理人認証掲載にさせて頂いています。
    トラックバックの設定はクラッシック音楽の関連のみとさせていただきます。
    記事と全くかけ離れた内容のトラックバックは掲載せずに削除しますのでご注意下さい。
    トラックバックの際はコメントを書いていただけた方が有難いです。

    「管理人詳細プロフィール」



    当Blogはリンクフリーですので別に連絡は要りません~!(^o^)

    YUKI@管理人の別主要Blog
    良かったら来て下さいね!(*^o^*)
    コメントも頂けたら嬉しいです!(^o^)

    「おしゃべり写真館」

    「おしゃべり日記帳」

    「ルイス・リマの私的ファンBlog」

    mixiのゆき@管理人プロフ
    最新コメント
    [09/30 ゆき@管理人]
    [09/28 nobu]
    [06/09 ゆき@管理人]
    [06/09 nobu]
    [03/26 ゆき@管理人]
    [03/26 nobu]
    [03/26 ゆき@管理人]
    [03/26 えうりでぃちぇ]
    [03/06 ゆき@管理人]
    [02/28 ゆき@管理人]
    [02/27 nobu]
    [02/16 ゆき@管理人]
    [02/14 えうりでぃちぇ]
    [02/07 ゆき@管理人]
    [02/06 nobu]
    [01/06 ゆき@管理人]
    [01/05 nobu]
    [01/04 ゆき@管理人]
    [01/04 えうりでぃちぇ]
    [09/09 ゆき@管理人]
    プロフィール
    HN:
    ゆき
    年齢:
    49
    性別:
    女性
    誕生日:
    1967/12/06
    職業:
    主婦
    趣味:
    映画・オペラ鑑賞
    自己紹介:
    映画「スター・ウォーズ」とテノール歌手ルイス・リマの大ファンです!
    他ではプレステ2等でゲームもやる事も。。。

    ●持っているゲーム
    「サルゲッチュ2」
    「サルゲッチュ3」
    「サルバトーレ」
    「ミリオンモンキーズ」
    「聖剣伝説2」
    「聖剣伝説3」
    「聖剣伝説/Legend of Mana」
    「聖剣伝説4」

    ●好きな音楽
    ヴェルディ、プッチーニ、ドニゼッティー等のイタリアオペラが大好きです!
    フランスもののグノーあたりも好きですね!

    ●ちなみにmixiに加入しています。
    私の検索キーワードは「ゆき スター・ウォーズ 聖剣伝説 ルイス・リマ」です!

    mixiでのニックネームは「★☆ゆき☆★」です。
    このBlogのプロフ画像と同じ画像を使っています。
    バーコード
    ブログ内検索
    カウンター
    フリーエリア
    アクセス解析
    フリーエリア


    この「コシ・ファン・トゥッテ」どちらも同じだけど、国内盤と輸入版で、輸入盤はメイキングみたいな映像があって面白い!^o^
    リージョンALLなので普通のDVDプレーヤーでも大丈夫の筈。^o^





        ◆ graphics by アンの小箱
        ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]