忍者ブログ
いらっしゃいませ。^o^ようこそ「エンタメおしゃべり帳」へ!^o^ 大量のスパムコメントに業を煮やしたので、コメントを戴ける場合はお手数ですが、「comment」とコメント本文中に入力お願いしますm(__)m コメント投稿認証コード=comment
04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • [PR]

    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    プッチーニ「蝶々夫人」Story攻略

    このオペラは、誰もが知っている通り、明治時代の日本の長崎が舞台となったオペラです。
    これも、実在の女性がモデルとなっていたようですが、初演では失敗、しかし改訂版で成功を収める事が出来たようです。。。

    台本・・・ルイージ・イッリカ、ジュセッペ・ジャコーザ
    作曲年・・・1901~1903年
    初演・・・1904年2月ミラノ・スカラ座

    登場人物
    蝶々夫人(ソプラノ)
    スズキ(メゾ・ソプラノ)
    ピンカートン(テノール)
    シャープレス(バリトン)
    ゴロー(テノール)
    ボンゾ(バス)
    ピンカートン夫人(メゾ・ソプラノ)
    ヤマドリ公(バリトン)
    薬師主(バリトン)


    あらすじ
    第一幕

    長崎の丘の上の庭園のある家の所で、ゴローがアメリカ海軍士官のピンカートンをもてなし、蝶々との新婚の家の案内をしたり女中や下男達を紹介しています。
    ピンカートンと蝶々の結婚式にはアメリカ領事のシャープレスも招かれ、ピンカートンは世界を回って自分がやりたい放題をする気質である事を語ります。その時にピンカートンは日本で自分が滞在中に日本人の嫁をもらうが、アメリカへ帰ったら当然の様に別の女性と結婚する事を堂々と言い張っています。
    蝶々がピンカートンとの結婚に真剣そうな様子を感じたシャープレスが、日本では日本人の女性と結婚して、またアメリカに帰ってからも別の女性と結婚すると言っているピンカートンに警告をします。しかしピンカートンは全く気にしていません。
    結婚式が始まり、友人達に祝福される蝶々にシャープレスが彼女の事を尋ねると、蝶々は、自分は由緒正しい家の娘であったが、没落してしまい、父が切腹になり、その刀が入った箱を見せ、その事で皆は沈んだ様子になるが、ゴローの計らいで再び結婚式の準備が始まります。
    蝶々は異国人のピンカートンの妻になる為に、教会へ行ってキリスト教徒に改心する事を告げ、結婚式が始まると、ドラの音と共に僧侶のボンゾが突如現れ、蝶々が改心した事を激しく非難し、結婚式に来ていた客達を引き連れて帰ってしまいます。
    ボンゾの怒りに触れてショックを受けた蝶々は泣き出してしまい、そんな彼女をピンカートンは優しく慰め、2人は愛し合っていきます。


    第二幕

    蝶々は自宅でピンカートンの帰りを待ち続けています。
    ピンカートンがアメリカへ帰って既に3年が経ちますが、何の音沙汰もありません。女中のスズキは彼はもう帰ってこない・・・と思い込み、そんな彼女を蝶々は叱り付けます。蝶々は愛する夫ピンカートンは必ず自分の元へ帰ってくると信じているからです。
    そんな蝶々の所へシャープレスとゴローがピンカートンから蝶々に当てた手紙を持ってきます。当然の事ながら彼女は大喜びします。しかし、その手紙の内容は辛い内容の手紙なのです。その為、シャープレスは手紙の内容をなかなか伝えられずにいます。
    そんな時に、シャープレスはヤマドリ公と一緒になる事を勧めますが、蝶々は自分にはアメリカ人の夫がいて、子供までいる事を告げます。蝶々はピンカートンが万が一自分を裏切るような事をしたら、元の芸者生活に戻るか、死ぬつもりでいたのです。
    そんな時に、ゴローは蝶々の子供の悪口を言った事で、頭に来た彼女はゴローを追い返すのでした。
    そんな時にアメリカの軍艦が入ってきて、蝶々はピンカートンが帰って来たと大喜びします。そしてピンカートンを迎える為に庭の花々を摘み取って部屋に蒔き、彼の帰りを待つのでした。
    寝ずにピンカートンを待ち続けた蝶々の元へシャープレスとピンカートンがやって来ます。しかし、アメリカ人の女性も一緒にいた事でスズキはショックを受けて蝶々がどれだけピンカートンの帰りを待ち続けていたかを涙ながらに話します。
    ピンカートンは蝶々との間に生まれた子供を引き取るつもりで来たのですが、スズキからの話で自分がやった過ちに公開します。
    ピンカートンのアメリカ人の夫人が、スズキに蝶々の子供を自分達の元に引き取るのを手伝うように頼んでいると、蝶々が姿を現し、最初はピンカートンが帰ってきたことで喜びに満ちて彼を探そうとしますが、アメリカ人女性がいる事で自分の置かれている立場を察します。
    彼女は自分の子供をピンカートンに託す事を約束しますが、絶望して遂に死を決意します。
    子供を外で遊ばせる事をスズキに命じ、一人になって仏壇の前に座って自殺をしようとします。そこへ子供がやって来て、子供に目隠しをさせ、彼女は遂に短刀を喉に突き刺して自殺してしまいます。
    ピンカートンが蝶々の名前を呼んで彼女の元へ駆け込んで来ますが、既に手遅れ。彼女は息絶えていました。


    YUKIのコメント

    このオペラの有名なアリア「ある晴れた日に」をコンサートで過去に歌った事があります。
    この蝶々夫人って15歳の少女なのですが、この当時の15歳っていうのは、精神的には完全な大人だったんでしょうねぇ。。。
    曲も劇的なドラマティックな雰囲気がたっぷりと表れたものばかりです。
    これは由緒正しい家に生まれた少女が、家が没落して父が切腹。悲惨な経験をしてきた中でようやくピンカートンというアメリカ人男性にめぐり合い、幸せを掴んだと思ったら・・・そんな彼にも最終的には裏切られ、遂に自らの命を絶つというのが余りにも悲しすぎます。
    音楽的な面では、舞台が日本ということもあって、昔の日本情緒が溢れたメロディーが至る所で挿入されています。

    拍手[0回]

    PR

    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    非公開コメント
    この記事にトラックバックする:
    [343]  [342]  [339]  [341]  [338]  [337]  [336]  [335]  [334]  [333]  [329
    カレンダー
    03 2017/04 05
    S M T W T F S
    1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30
    フリーエリア
    「管理人便り」
    お客様に伝えたい事は「管理人便り」に書いていきますのでぜひチェックして下さいね。^^;


    良かったらクリックしてやって下さいね!
    「Web拍手ボタン」クリックでYUKI@管理人へ1000文字程度のメッセージを送信出来ます。
    今後はこちらでWeb拍手メッセージの返信を書かせて頂きます。

    メールで返事が欲しい方は下記URLからメッセージをお願いします。
    http://6714.teacup.com/yuki178/mbox

    投票イベント「現代ヴァージョン化したら似合いそうなオペラ!」
    このBlogについて
    当Blogはオペラ・クラッシック音楽・映画・その他芸能やゲーム等のエンターテイメント関連を中心とした雑記Blogです。
    皆様からのコメントをお待ちしております。

    良かったら来て下さった記念にゲストブックに書き込みして下さいね!(^_^)

    コメント投稿欄のパスワード入力フォームはコメント編集用です。
    ただし編集出来るのはコメント本文だけでPNは直せなかった事が分かっています。
    ちなみに、削除は出来ませんので、削除したい場合は下のメールリンクからYUKI@管理人に知らせて下さいね。

    お客様からのコメントにYUKI@管理人がレスを書いた時はコメント一覧のお客様のPNの所にメモ&鉛筆マークが付いています。
    テンプレートに寄ってはYUKI@管理人が書いたレスが名無しになる事も。。。(^^;)

    コメントは営利目的・個人攻撃・無断個人情報掲載・記事と全く無関係のコメントはご遠慮願います。
    該当コメントは見つけ次第即刻削除します。
    当Blogでは宣伝目的防止の為にトラックバックは管理人認証掲載にさせて頂いています。
    トラックバックの設定はクラッシック音楽の関連のみとさせていただきます。
    記事と全くかけ離れた内容のトラックバックは掲載せずに削除しますのでご注意下さい。
    トラックバックの際はコメントを書いていただけた方が有難いです。

    「管理人詳細プロフィール」



    当Blogはリンクフリーですので別に連絡は要りません~!(^o^)

    YUKI@管理人の別主要Blog
    良かったら来て下さいね!(*^o^*)
    コメントも頂けたら嬉しいです!(^o^)

    「おしゃべり写真館」

    「おしゃべり日記帳」

    「ルイス・リマの私的ファンBlog」

    mixiのゆき@管理人プロフ
    最新コメント
    [09/30 ゆき@管理人]
    [09/28 nobu]
    [06/09 ゆき@管理人]
    [06/09 nobu]
    [03/26 ゆき@管理人]
    [03/26 nobu]
    [03/26 ゆき@管理人]
    [03/26 えうりでぃちぇ]
    [03/06 ゆき@管理人]
    [02/28 ゆき@管理人]
    [02/27 nobu]
    [02/16 ゆき@管理人]
    [02/14 えうりでぃちぇ]
    [02/07 ゆき@管理人]
    [02/06 nobu]
    [01/06 ゆき@管理人]
    [01/05 nobu]
    [01/04 ゆき@管理人]
    [01/04 えうりでぃちぇ]
    [09/09 ゆき@管理人]
    プロフィール
    HN:
    ゆき
    年齢:
    49
    性別:
    女性
    誕生日:
    1967/12/06
    職業:
    主婦
    趣味:
    映画・オペラ鑑賞
    自己紹介:
    映画「スター・ウォーズ」とテノール歌手ルイス・リマの大ファンです!
    他ではプレステ2等でゲームもやる事も。。。

    ●持っているゲーム
    「サルゲッチュ2」
    「サルゲッチュ3」
    「サルバトーレ」
    「ミリオンモンキーズ」
    「聖剣伝説2」
    「聖剣伝説3」
    「聖剣伝説/Legend of Mana」
    「聖剣伝説4」

    ●好きな音楽
    ヴェルディ、プッチーニ、ドニゼッティー等のイタリアオペラが大好きです!
    フランスもののグノーあたりも好きですね!

    ●ちなみにmixiに加入しています。
    私の検索キーワードは「ゆき スター・ウォーズ 聖剣伝説 ルイス・リマ」です!

    mixiでのニックネームは「★☆ゆき☆★」です。
    このBlogのプロフ画像と同じ画像を使っています。
    バーコード
    ブログ内検索
    カウンター
    フリーエリア
    アクセス解析
    フリーエリア


    この「コシ・ファン・トゥッテ」どちらも同じだけど、国内盤と輸入版で、輸入盤はメイキングみたいな映像があって面白い!^o^
    リージョンALLなので普通のDVDプレーヤーでも大丈夫の筈。^o^





        ◆ graphics by アンの小箱
        ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]