忍者ブログ
いらっしゃいませ。^o^ようこそ「エンタメおしゃべり帳」へ!^o^ 大量のスパムコメントに業を煮やしたので、コメントを戴ける場合はお手数ですが、「comment」とコメント本文中に入力お願いしますm(__)m コメント投稿認証コード=comment
06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • [PR]

    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    プッチーニ「トスカ」Story攻略

    プッチーニのオペラの中で最高だった・・・と言われている作品だそうです。どうやら、ヴェルディもこのストーリーのオペラ化に羨ましく思ったとか。。。(^_^;)

    台本・・・ルイージ・イルリカ、ジュセッペ・ジャコーザ
    作曲年・・・1898~1899年
    初演・・・1900年1月 コスタンツィ劇場(ローマ)

    登場人物

    フローリア・トスカ(ソプラノ)
    マリオ・カヴァラドッシ(テノール)
    スカルピア(バリトン)
    アンジェロッティ(バス)
    教会の番人(バリトン)
    スポレッタ(テノール)
    シャローネ(バス)
    看守(バス)


    あらすじ
    第一幕

    1800年頃の6月、ローマの聖アンドレア・デラ・ヴァレル教会の聖堂内に政治犯アンジェロッティが逃げ込んできて鍵を探そうとしている。
    その逃げ込んだ聖堂では友人で画家のカヴァラドッシがマリア像を描いていました。偶然の友人同士の再会に2人共驚くのですがカヴァラドッシは政治犯として追われている身のアンジェロッティを助ける事を約束します。この事が最後の恋人同士の悲劇に繋がるって感じです。
    カヴァラドッシとアンジェロッティが2人でいる時にカヴァラドッシの恋人トスカがやって来る気配を感じ、カヴァラドッシは友人に慌てて弁当箱を渡して、彼を隔離します。そこへトスカ登場。
    トスカは恋人ガヴァラドッシが描いているマリア像が自分と違うタイプで、アッタンヴィ家の侯爵夫人と似ていると感じて凄いヤキモチを焼いて、恋人にマリア像の目が青いので「黒くしろ!」等と注文を付けてその場から立ち去ります。実はアッタンヴィ侯爵夫人はアンジェロッティの妹だったのです。
    トスカが立ち去ったのでカヴァラドッシはアンジェロッティに逃げ場所を教え、自分の郊外にある別荘を紹介し、身に危険が迫ると庭にある古井戸に隠れる事を勧めて急いで立ち去ります。
    そこへ教会の看守がローマ軍がナポレオンの軍勢を倒した・・・という知らせをもって慌ててやって来たかと思うと聖歌隊メンバーや僧侶達と共に大フィーバーしてハシャギまくっています。
    彼らがハシャギまくっていたら、警視総監のスカルピアが脱獄犯をしょっ引いていこうと意気込んでやって来ます。
    スカルピアは教会内のマリア像やそこら辺にある物に目を光らせて、マリア像を描いているのがカヴァラドッシである事に感づきます。
    この事に感付いたスカルピアは企みを思いつくのですが、彼はカヴァラドッシの恋人のトスカに変な思いを抱いているのです。そんな時にトスカが登場。
    スカルピアは彼女を自分のものにする為にカヴァラドッシが他の女と一緒だった・・・とかってデタラメを言って嫉妬心を掻き立て、遂にキレたトスカがその場から出て行くと、スカルピアは部下に彼女の追跡を命じます。


    第二幕

    ファルネーゼ宮殿内のスカルピアは自分の部屋で食事をしていると、カヴァラドッシが捕らえられて連行されてきました。
    スカルピアはカヴァラドッシに拷問をかけ、アンジェロッティの居場所を突き止めようとしますが、カヴァラドッシは当然の事ながら苦痛に苛まれながらも絶対に白状しません。
    広場でカンタータを歌っていたトスカを呼び、カヴァラドッシの拷問での苦痛に苛まれる声を聞かせて彼女からもアンジェロッティの居場所を聞き出そうとします。
    恋人の拷問での悲鳴を聞いて耐え切れなくなった彼女は遂にアンジェロッティの居場所を白状してしまいます。
    トスカが白状した為に拷問で相当痛めつけられてフラフラになっているカヴァラドッシが引きずり出されてくるのですが、トスカがアンジェロッティの居場所をバラしてしまった事で怒り出します。そこへローマ軍の勝利の報告が間違いであった事が知らされ、カヴァラドッシが喜ぶのを見てブチギレたスカルピアは再びカヴァラドッシを牢獄へブチ込んでしまうのです。
    スカルピアはカヴァラドッシを助けるのを口実にトスカに言い寄ります。
    関係を迫ろうとする為に恋人を酷い目に遭わそうとするスカルピアの態度にショックを受けますが、しつこく言い寄られてスカルピアが自分と関係を持てばカヴァラドッシは本当は処刑されるが彼の処刑は見せかけにして命は助けてやろうと切り出します。
    しかし、まだ納得しないトスカは自分が恋人と国外へ出られるようにする為の書類を要求し、その書類を書いている間に崖っぷちに立たされた様に思い込んだトスカは近くにあったナイフを手に取って、彼を刺し殺します。
    邪悪なスカルピアを殺したトスカはその場を立ち去ります。


    第三幕

    アンジェロ城の屋上ではカヴァラドッシが処刑されるのを待っている状態に。。。
    自分の死が迫る中、トスカとの思い出を語ります。そこへトスカが登場。
    彼女はスカルピアが言ったとおり、銃殺刑の銃の弾は空砲で処刑は見せかけと伝えます。
    それで2人で国外へ出られるようになったという事も伝え喜びます。しかし喜んでいられるのもそこまでです。
    トスカはカヴァラドッシに銃声と同時に上手く倒れる演技をする様に言うと、カヴァラドッシも納得。
    銃殺刑を執行する部隊がやって来て、いよいよ見せかけの処刑が始まります。トスカは不安と緊張を抱きながらもこっそりと見せかけの処刑を見守っています。そして銃声が鳴るとカヴァラドッシはグッドタイミングで倒れました。
    余りにも良いタイミングで恋人が倒れたので喜んでいるトスカですが・・・ところが・・・実は恋人は本当に処刑されてしまったのです。
    トスカがカヴァラドッシの元へ寄っていくと、彼は既に死亡していました。
    トスカは本当に撃ち殺された恋人の亡骸を見てショックを受けていると、スカルピアの部下スポレッタが主人であるスカルピアを殺した犯人として自分を捕らえようとして追ってくるのを察知して、極限状態に追い詰められた彼女は「スカルピアよ!地獄で会いましょう!」とか言う言葉を残して、遂にこの屋上から投身自殺をしてしまいました。。。


    YUKIのコメントコーナー

    このオペラは何度か観ましたが、凄い内容のサスペンス悲劇だと思います。
    嫉妬・拷問・殺人・処刑・自殺という最悪の要素が集結している感じの泥沼サスペンスって感じ。。。
    だけど音楽はプッチーニ特有の美しい旋律が流れているのが魅力的です。
    これまでに観た中で一番この泥沼サスペンスが露骨に表れていたのは、やはりアラーニャ&ゲオルギュ-夫妻主演の映画版の「トスカ」と感じました。この映画版はルッジェーロ・ライモンディのスカルピアが強烈なくらいに恐ろしい感じだったからです。
    この映画版は途中でスタジオシーンも挿入されていたりもしますが、これからこのオペラを観ようと思う人にお勧めです。

    拍手[0回]

    PR

    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    非公開コメント
    この記事にトラックバックする:
    [340]  [345]  [344]  [343]  [342]  [339]  [341]  [338]  [337]  [336]  [335
    カレンダー
    05 2017/06 07
    S M T W T F S
    1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30
    フリーエリア
    「管理人便り」
    お客様に伝えたい事は「管理人便り」に書いていきますのでぜひチェックして下さいね。^^;


    良かったらクリックしてやって下さいね!
    「Web拍手ボタン」クリックでYUKI@管理人へ1000文字程度のメッセージを送信出来ます。
    今後はこちらでWeb拍手メッセージの返信を書かせて頂きます。

    メールで返事が欲しい方は下記URLからメッセージをお願いします。
    http://6714.teacup.com/yuki178/mbox

    投票イベント「現代ヴァージョン化したら似合いそうなオペラ!」
    このBlogについて
    当Blogはオペラ・クラッシック音楽・映画・その他芸能やゲーム等のエンターテイメント関連を中心とした雑記Blogです。
    皆様からのコメントをお待ちしております。

    良かったら来て下さった記念にゲストブックに書き込みして下さいね!(^_^)

    コメント投稿欄のパスワード入力フォームはコメント編集用です。
    ただし編集出来るのはコメント本文だけでPNは直せなかった事が分かっています。
    ちなみに、削除は出来ませんので、削除したい場合は下のメールリンクからYUKI@管理人に知らせて下さいね。

    お客様からのコメントにYUKI@管理人がレスを書いた時はコメント一覧のお客様のPNの所にメモ&鉛筆マークが付いています。
    テンプレートに寄ってはYUKI@管理人が書いたレスが名無しになる事も。。。(^^;)

    コメントは営利目的・個人攻撃・無断個人情報掲載・記事と全く無関係のコメントはご遠慮願います。
    該当コメントは見つけ次第即刻削除します。
    当Blogでは宣伝目的防止の為にトラックバックは管理人認証掲載にさせて頂いています。
    トラックバックの設定はクラッシック音楽の関連のみとさせていただきます。
    記事と全くかけ離れた内容のトラックバックは掲載せずに削除しますのでご注意下さい。
    トラックバックの際はコメントを書いていただけた方が有難いです。

    「管理人詳細プロフィール」



    当Blogはリンクフリーですので別に連絡は要りません~!(^o^)

    YUKI@管理人の別主要Blog
    良かったら来て下さいね!(*^o^*)
    コメントも頂けたら嬉しいです!(^o^)

    「おしゃべり写真館」

    「おしゃべり日記帳」

    「ルイス・リマの私的ファンBlog」

    mixiのゆき@管理人プロフ
    最新コメント
    [09/30 ゆき@管理人]
    [09/28 nobu]
    [06/09 ゆき@管理人]
    [06/09 nobu]
    [03/26 ゆき@管理人]
    [03/26 nobu]
    [03/26 ゆき@管理人]
    [03/26 えうりでぃちぇ]
    [03/06 ゆき@管理人]
    [02/28 ゆき@管理人]
    [02/27 nobu]
    [02/16 ゆき@管理人]
    [02/14 えうりでぃちぇ]
    [02/07 ゆき@管理人]
    [02/06 nobu]
    [01/06 ゆき@管理人]
    [01/05 nobu]
    [01/04 ゆき@管理人]
    [01/04 えうりでぃちぇ]
    [09/09 ゆき@管理人]
    プロフィール
    HN:
    ゆき
    年齢:
    49
    性別:
    女性
    誕生日:
    1967/12/06
    職業:
    主婦
    趣味:
    映画・オペラ鑑賞
    自己紹介:
    映画「スター・ウォーズ」とテノール歌手ルイス・リマの大ファンです!
    他ではプレステ2等でゲームもやる事も。。。

    ●持っているゲーム
    「サルゲッチュ2」
    「サルゲッチュ3」
    「サルバトーレ」
    「ミリオンモンキーズ」
    「聖剣伝説2」
    「聖剣伝説3」
    「聖剣伝説/Legend of Mana」
    「聖剣伝説4」

    ●好きな音楽
    ヴェルディ、プッチーニ、ドニゼッティー等のイタリアオペラが大好きです!
    フランスもののグノーあたりも好きですね!

    ●ちなみにmixiに加入しています。
    私の検索キーワードは「ゆき スター・ウォーズ 聖剣伝説 ルイス・リマ」です!

    mixiでのニックネームは「★☆ゆき☆★」です。
    このBlogのプロフ画像と同じ画像を使っています。
    バーコード
    ブログ内検索
    カウンター
    フリーエリア
    アクセス解析
    フリーエリア


    この「コシ・ファン・トゥッテ」どちらも同じだけど、国内盤と輸入版で、輸入盤はメイキングみたいな映像があって面白い!^o^
    リージョンALLなので普通のDVDプレーヤーでも大丈夫の筈。^o^





        ◆ graphics by アンの小箱
        ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]