忍者ブログ
いらっしゃいませ。^o^ようこそ「エンタメおしゃべり帳」へ!^o^ 大量のスパムコメントに業を煮やしたので、コメントを戴ける場合はお手数ですが、「comment」とコメント本文中に入力お願いしますm(__)m コメント投稿認証コード=comment
05
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • [PR]

    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ジュリエッタ・シミオナートの訃報(BlogPet)

    YUKIの「ジュリエッタ・シミオナートの訃報」のまねしてかいてみるね

    昨日のトップページ(http://www.php)に99歳で探しました事♪
    朝日新聞の地方新聞のジュリエッタ・シミオナートのアズチェーナのYouTube映像の地方新聞の「炎は燃えて」を聴いたものを集めたが凄い強いの激しさを見てた番組とかで亡くなってある神戸新聞のYouTube映像が掲載されたものだ!高貴ながらも一切書かれて必死に99歳で、いきなりメゾ・ソプラノのアズチェーナの中低音のダイジェストみたいな人とも故人と、1950年代あたりの「トゥロヴァトーレ」のダイジェストみたいなシーンをお祈りいたします。

    *このエントリは、ブログペットの「ポポイ」が書きました。


    ゆき@管理人6月3日にやっと登場!^^;

    それにしても・・・ポポイ・・・最も拾って欲しくなかった記事を拾ったなぁ。-_-"
    訃報を拾ったらとんでもない日記を書いてくれるのが困ったネズミちゃんです。-_-"

    拍手[1回]

    PR

    ジュリエッタ・シミオナートの訃報

    昨日の事ですが、朝日新聞の社会面を見てたら、いきなりメゾ・ソプラノのジュリエッタ・シミオナートの訃報記事が掲載されていました。
    ちなみに、彼女の訃報は兵庫県の地方新聞である神戸新聞の社会面にも掲載されています。

    彼女の訃報をネットで探しましたが、朝日新聞のサイトでは全く出てこなかったので海外のサイトで探したら「Opera Click」のトップページ(http://www.operaclick.com/index.php)に「亡くなった」という事だけが掲載されています。

    朝日新聞と神戸新聞の紙面記事によると、5月5日に99歳で亡くなったとの事。
    自宅で亡くなられたそうです。
    死因は朝日新聞も神戸新聞も一切書かれてなかったし、リンク先の「Opera Click」にも亡くなった事の詳細は何も掲載されていません。
    年齢的に言えば、老衰でしょうかねぇ?
    憶測のみで真相が全く分かりませんが・・・

    「Opera Click」のサイトにはヴィッカースとの「アイーダ」のデュエットのYou Tube映像が貼り付けてあります。

    彼女の歌唱はオペラ全曲ではまだ未鑑賞なんですが、ヴェルディのオペラの中のアリアや合唱曲を集めたCDや、もう10年位前だったかずっと前にTVでイタリア歌劇団の来日公演のダイジェストみたいなシーンを集めた番組とかで聴いた記憶がありました。

    「トゥロヴァトーレ」のアズチェーナのアリア「炎は燃えて」を聴いたのですが、かなり力強く訴えかけるものを感じたものですね。

    「Opera Click」に貼り付けてあるYou Tube映像の「アイーダ」のシミオナートのアムネリス・・・かなり迫力ものだ!
    高貴ながらも何となく気性の激しさを感じさせられるし、それに、何ていうのか、どうしても好きな人を自分の方に振り向かせたくて必死になってる様子が彼女の歌唱から伺えますね。
    とにかく、中低音の声が凄い強いのが印象的です。

    シミオナートって確か、1950年代あたりのイタリア歌劇団来日公演の時期に活躍してた歌手だから、マリオ・デル・モナコ、フランコ・コレッリ、ジュセッペ・ディ・ステファーノ達が活躍してた時期ですよね?
    この3人は今では3人とも故人となってしまった。
    その後で、ステファーノが亡くなって数年後ではあるけど、シミオナートが亡くなって・・・

    当時の名歌手が亡くなっていくのって何となく寂しさを感じますね。

    ご冥福をお祈りいたします。

    拍手[0回]

    沢尻エリカさんの離婚騒動

    クラッシック音楽の話題から逸れていますが、エンタメ関連でちょっと注目のニュースを見つけたのでこちらで触れたいと思います。

    最近、女優の沢尻エリカさんが離婚に向けて事を進めている様なニュースが報じられています。
    私はこの女優さんは殆ど興味無いし、何年か前の「別に~」の会見はちょっと戴けないものを感じたくらいでした。

    しかし、今回は・・・

    沢尻さんに対して少し同情します。
    だけど、夫の高城氏も悪気があったわけでは無いと思う。

    今回の発端は色々あったみたいですが、最も気になるのは、結婚してからスペインに移住したのですよね。
    それで、マスコミに対して「6か条の誓約」とかっていうマスコミ取材に厳しい規制をかける様な誓約書を突きつけたかなにかって報じられた記憶があります。
    この誓約書は最初は沢尻さん自身が作ってマスコミに突きつけたと思っていましたが、実際は夫の高城氏が主導でやったとの事。
    それで、その事に関して、沢尻さんは何も知らされてなかったという事がTVでも報じられていました。

    もし、この事が事実なら、高城氏が間違っていると思います。
    やはり、夫婦とは言え、妻の仕事の事でイメージを下げる様な誓約書を作るには妻に報告するのが筋だと思う。
    自分の仕事だったら話は別だけど、妻のイメージに関わる事ですものね。
    高城氏はどういう意図があってこの誓約書をマスコミに突きつけるつもりになったのか不明ですが・・・
    妻をマスコミから守りたいのか、そうでもないのかは分かりません。

    今回の件でも「売名行為」とか「ワガママ女」って感じで沢尻さんを徹底的に叩いている人が非常に多いですが、そういう人はこういう事実があった事を知っているのでしょうかね?

    だから、今回はその点は沢尻さんに同情します。

    拍手[0回]

    2009年チューリッヒ歌劇場「トスカ」

    この前の3月16日の金曜日にNHK教育放送でやってた2009年チューリッヒ「トスカ」のライブ映像観ちゃいましたよ~!^o^

    ちなみに主要キャストは次の通り

    トスカ=エミリー・マギー
    カヴァラドッシ=ヨナフ・カウフマン
    スカルピア=トーマス・ハンプソン

    ハッキリ言って、オペラ全曲を映像で観るのは超久しぶり。^_^;
    前の日記にも書いてたけど、学童保育で仕事やってた時はオペラ全曲映像を観る余裕が体力的にも気力的にも全く無かった。
    だから、今回は1年以上ぶりのオペラ全曲の映像鑑賞でした!^o^

    今回、注目してたのはカヴァラドッシをカウフマンが歌ってたって事。
    カウフマンに関してはこれまで名前だけはしょっちゅう聞いてたけど彼の歌そのものはまだ一度も聴いた事無かった。^^;
    それで、今現在注目されているテノールの一人であるカウフマンの歌唱がどんな感じか聴いてみたいっていう思いもありました。^_^

    カウフマンは見た目はハリウッドの二枚目スターみたいな雰囲気のルックスで声はかなりのドラマティーコって感じの強い声のテノールだ。
    中音はどちらかというとバリトンに近い様な雰囲気を持った声。
    だけど、高音は輝かしい響きを持ってた。
    ドイツ人テノールって事でイタリア・オペラを歌うドイツ人の歌手ってかなり貴重だよね。
    逆にイタリア人歌手がドイツ・オペラ歌うのも凄く貴重な気がする。
    だけど、最近の歌手は幅広いレパートリーを全曲で歌う様になってきてるんだなぁ。^_^
    彼のカヴァラドッシ、メッチャはまってたよ!^o^

    トスカを歌ったマギーは特別な印象は受けなかったけど、スカルピアを歌ったハンプソンもメッチャ良かったね!^o^
    ハンプソンは2001年チューリッヒの「マクベス」でタイトルロール歌ってるのを聴いたけど、あの時もおぞましさ抜群だったけど、今回もおぞましさ抜群!
    映画のトスカでのライモンディのスカルピアと一味違ったおぞましさを感じさせてくれた。
    カヴァラドッシが描いたマリアの絵画を切り裂く演出が恐怖感を増す演出と感じました。
    あのシーンはインパクト強かった!^_^;
    オールバックで固めたヘアースタイルに髭のルックスのハンプソンのスカルピア。。。
    顔は全然違うけど、一瞬、1988年のマーク・ハミル主演の映画「風の惑星/スリップ・ストリーム」でのウィル・タスカーを思い出した。^^;

    演出面は本編が始まる前の解説で音楽評論家が「劇中劇」って言ってたと思うけど、最初は???状態だった。
    だけど、舞台設定が目立つように舞台装置の照明器具が置いてあったり、最初の教会のシーンでは昔のホールの客席の様な椅子が多数並べられていた事からこの事が評論家がが言ってた「劇中劇」の事かな?・・・とも勝手に想像。^^;
    真相は分からないけどね。^^;

    だけど、最近のオペラの舞台って簡素化している様に感じるのは私だけ?^^;
    昔のオペラの舞台って豪華な舞台装置があってかなり大掛かりな感じだったけど、最近は時代設定を20世紀に置き換えた様なタイプの演出が殆どの様な気がする。
    You Tubeで抜粋的なものを観ても殆どがそんな感じ。
    何でかな?
    費用?それとも現代ヴァージョンの方が馴染めるから?

    まぁ、好みは人によって違うから何とも言えないですね。

    拍手[0回]

    舞踏したいなぁ(BlogPet)

    きのうポポイが、舞踏したいなぁ。
    それでポポイがウィケットと無料へ下書きしないです。

    *このエントリは、ブログペットの「ポポイ」が書きました。


    ゆき@管理人1ヶ月ぶりに登場^^;

    学童保育の仕事は任期終了の為3月末で終わったけど、その後もちょっと家の用事とかに追われてここのBlogを更新する余裕がなかった。-_-;

    特に、これからの時期はだだっ広い田舎にある自宅の庭や畑の草引きに追われる!(;O;)

    それから、5月からぼちぼちと音楽教室復活予定です。

    ピアノ・声楽教師の仕事は18年半程度やってきたとは言え1年半程度のブランクがあるので、初心に戻って仕事に励みたいと思います。

    学童保育の補助指導員の仕事は物凄くきつかった。
    物凄く体力的にも精神的にも消耗する仕事だった。
    とにかく、かなりの覚悟をもって勤務する必要がある場合もある。
    だけど、この学童の仕事はやったのは大正解だった。
    学童で仕事をやったお陰で私は精神的にかなり強くなれた。
    以前に音楽教室やってた時に悩んでいた事も学童で仕事した為に解決できそうだ。

    だから、私は2009年4月~2010年3月の間にかなり鍛えられました。
    鍛えられたのは一緒に勤務したスタッフのお陰ですね。
    特に勤務した学童の主任指導員は尊敬しています。
    主任指導員の支えがあって仕事が出来たのですからね。

    今まで自分が尊敬してたのは音大卒業後にレッスンを受けた声楽の先生1人だったけど、今、尊敬する人はその声楽の先生と2009年度に勤務した学童保育の主任指導員の2人です。

    話は変わって・・・

    今日は久しぶりにオペラ全曲の映像観ました!^o^
    昨夜NHK教育放送でやってた2009年チューリッヒの「トスカ」ライブ映像!
    録画して今日の午後にやっと鑑賞しました。

    オペラ全曲を映像で観るのは1年以上ぶり。
    学童の仕事やってた時はCDはしょっちゅう聴いてたけど、DVDは鑑賞しなくなった。
    仕事で体力的に疲れ果てて鑑賞する気になれなかったのです。

    「トスカ」映像鑑賞レビューは後日このBlogにUPします。^o^

    拍手[0回]

    ウィケット(BlogPet)

    ポポイがウィケットと舞踏するはずだった。
    だけど、アドリアーナと削除するつもりだった?

    *このエントリは、ブログペットの「ポポイ」が書きました。


    ゆき@管理人

    いきなりですが、当Blogの更新は今月中はお休みします。
    ネタを探す時間が全く取れないので・・・

    拍手[0回]

    やっぱオペラって・・・

    めっちゃ癒されるよねぇ~!^o^

    仕事に行くようになってからはオペラを聴く回数が極端に減ったけど、今では私が大好きなルイス・リマが出てるオペラのCDだけはしっかりと聴きます。

    だけど・・・

    以前ほどしょっちゅうって事は無い。

    自宅にいて日頃の疲れやストレスを癒してくれるのがオペラですねぇ。^_^

    今は仕事に行ってるけど、私は1年の期間契約(色々話聞いてたら期間契約で1年も働けたら恵まれている方だと聞く^^;)で更新してもらえなかったから今月一杯で仕事は終わりますが、これから最後にかけて仕事が忙しくなる。
    仕事が忙しくなったらオペラを聴く間も殆ど無くなってくるから、今の内に鑑賞しておこう。

    3月23日は多分12時間前後の長時間勤務になる可能性が高いし、翌日も正社員並みの時間の勤務だ。
    それから連日になる。

    それまでにオペラ聴いてしっかりと癒したい。

    今聴いてるのはマスネの「ラオールの王」。

    このオペラもめっちゃ大好きだ。

    主人公のアリムが恋人を残して戦死するけど、それが神の計らいで条件付で生き返って恋人の元に戻るけど、最終的には恋人シータと一緒に再び死んでしまうと言うか、浄化されてしまうSFファンタジー的な内容。

    インドが舞台になってるから東洋的な雰囲気を感じるメロディも展開されるけど、やはりフランスオペラ独特の繊細な雰囲気を感じるメロディーが中心に展開されている。
    このオペラ、序曲はかなりダイナミックだけどね。^_^

    シータはジョーン・サザーランドが歌ってるけど、サザーランドの様なベテランのソプラノが歌うと慎ましやかさの中に包容力も感じるんだよね~。^o^

    それで、アリムをリマが歌ってるけど、リマは当時はまだ若手だったけど表現力が凄いベテランレベルだ。^o^
    だからサザーランドとピッタリ!^o^

    それから、このオペラは「シンディア」っていうストーカー的な男が出てくるんだけど、この役をシェリル・ミルンズが歌ってる。
    ミルンズってこういうストーカー的な雰囲気のあるキャラを歌ったらかなり凄みがあるんですよねぇ。^^;
    甘さの中に凄みがあるから良い意味で怖さを感じさせてくれるんです。^_^

    拍手[0回]

    場面へ公演(BlogPet)

    きょうポポイがペーストは期待したいです。
    それできょう、ジュネーブも削除したかったの♪
    でも、場面へ公演ー!

    *このエントリは、ブログペットの「ポポイ」が書きました。

    拍手[0回]

    大事なデータをパーに・・・

    実は以前、「Doblog」というBlogサーバーでBlogをレンタルしていましたが、そのDoblogが閉鎖されてしまったのです。
    実はこれはもう8~9ヶ月程度前にさかのぼる事ですが・・・^^;

    Doblogの閉鎖で・・・

    大事なデータを紛失していました!(;O;)

    閉鎖されたDoblogではオペラ関連の専用Blogも僅かながら更新していました。

    それで、去年の5月ごろだったかDoblogが閉鎖される通知が来て、慌ててオペラ専用Blogのデータを今のこのBlogに移したのでした。

    それでデータのコピーペーストでのバックアップが終わってヤレヤレだったのは良いけど・・・

    最近になって大事なものをバックアップ取り損ねていた事に気づいた。(;O;)

    実は今から3~4年程度前だったか、グノーのオペラ「ミレイユ」のストーリーを翻訳サイトを使って辞書も駆使して訳していました。
    それで、そのデータをDoblogのオペラ専用Blogに下書きしてたのですよね。
    一気に訳してしまう事が出来ないのでボチボチやってました。
    だけど、「ミレイユ」の二幕辺りまでは清書できたけど、まだ残りが清書出来てない為に下書きのままにしていた。
    そんな時、父が闘病の末に亡くなったり、それからその後の手続きに追われたり、ネットでは他の事を調べたりして、この翻訳の事をすっかり忘れ去っていました。

    それで、去年になって仕事に行くようになって更に翻訳どころじゃない状態に・・・

    ちなみにオペラ専用Blogで当Blogへの移行を済ませたのは下書きでない記事のみで、「ミレイユ」のストーリーが下書き状態になってた事をすっかり忘れていました。
    それで、そのままDoblogはサーバー閉鎖されてしまったんですねぇ。

    その時は「ミレイユ」のストーリー翻訳を下書きにしてた事は忘れていて、今になって思い出しました。

    グノーの「ミレイユ」ってマイナーオペラだからあまり知られていないからストーリーを訳して紹介するとある程度Webサイトとして注目されるかな・・・って思ってたけどねぇ・・・しかし、大事なところで私がミスったから結局はデータがパーになった。
    あの翻訳をやり始めてた頃は暇だったからやってたけど、今はそんな余裕が全く無いです。

    確か、翻訳サイトは月極め料金525円のExciteの翻訳サイトを使ってワードに英文を書き写してそれを翻訳サイトで訳して、更に辞書で修正をかけていました。
    それでワードに残したままではPCに保存するからPCに負担がかかってくる為に、外部Blogで下書きにしていました。

    今ではExciteの翻訳サイトも解約したから訳すといっても無理がありますねぇ。
    無料の翻訳サイトでオペラのストーリーの英文を一気に書き写して訳して修正かけるのって非常にキツイです。

    本当に勿体無い結果になったなぁ~!-_-;

    だけど、他の知ってるマイナーオペラ数作に関しては翻訳&修正したものを印刷もしたしネットでも公開しているので大丈夫。
    マスネの「ラオールの王」なんか台本まで訳してネットで紹介したしね。^o^

    だけど、「ミレイユ」はもうダメだなぁ。-_-;
    まぁ、その内に他の人が訳してサイトにUPする事を期待しよう。^^;

    拍手[0回]

    CDに傷が・・・

    最近、グノーのオペラ「ミレイユ」のCDを鑑賞しているとどうしても音が飛んだり途切れたり途中で止まったりする。-o-;

    私はここ最近CDはオペラや声楽曲以外は聴かないですが、再生するのはプレステ2が殆どです。
    それで、先日プレステ2でこの「ミレイユ」のCDを再生した時のなのですが、最初は調子良く再生出来る。
    しかし、CDの終わりの方になれば再生が途中で勝手に止まってしまった。
    調子良く再生出来てたトラックを選んで再び再生しなおしたけど動かない。
    最初から再生しようとしても駄目だった。
    最初はプレステ2が故障したとばかり思い込んだ。^^;

    ちなみに、プレステ2は今使っているものは2台目で、1万円代で購入した安いもの。
    初期の3万円代の半額の値段。
    今のプレステは買ってからまだ3年ちょっと程度しか経ってない。
    だけど、安いから壊れやすいと思い込んでた。

    それで、その事をmixi日記の方に書き込んだら「レンズクリーニングをすれば良くなるのでは?」って言われた。
    それでレンズクリーニングを試してみたら、再生は最初は出来たものの、CDの終わりの方で音が飛んだり止まったり・・・それでCD2に変えて再生したら同じ様に再生開始から1時間程度経った辺りで止まってしまった。

    "やはりプレステ2は壊れた"と思い込んで、別の再生機器で「ミレイユ」のCDを再生してみた。
    それでもCD1は音飛びが初めの方や終わりの方の至る所で起きて、CD2は冒頭部分で音飛びが起こる始末。
    やはりCDに問題ある。-_-;
    良く見たらCDにかすった様な傷がいくつか付いているのが分かりました。

    どの再生機器で再生してもまともに再生されないのだったらCDをまた買い直すしかないね。-_-;
    それから、今日はプレステ2で「アンナ・ボレーナ」を聴いてますが、こちらは普通に再生出来ています。

    「ミレイユ」は好きなオペラなので、すぐには買わないけど、今年中に再び買い直すことを検討しています。
    今は日本のAmazonでも出てるけど、日本のAmazonはちょっと不安ですねぇ。^^;
    オーダーしても後で「取り寄せ出来なかったので注文を取り消しました」って事が何度かあったからアメリカのAmazonで買う方が無難かも。。。^^;
    だけど、勿体無いね。。。


    ●翌日編集
    この件に関してmixiの方にメッセージでアドバイスを戴きました。
    有難うございました。m(__)m
    かなり有効なやり方と感じていますので休みの日で時間がかなりたっぷりある時に試してみたいと思います。

    それから、前の学童関連の日記は削除しました。
    mixi日記の方のマイミク限定公開の方でずっと残しています。

    拍手[1回]


    [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12
    カレンダー
    04 2017/05 06
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31
    フリーエリア
    「管理人便り」
    お客様に伝えたい事は「管理人便り」に書いていきますのでぜひチェックして下さいね。^^;


    良かったらクリックしてやって下さいね!
    「Web拍手ボタン」クリックでYUKI@管理人へ1000文字程度のメッセージを送信出来ます。
    今後はこちらでWeb拍手メッセージの返信を書かせて頂きます。

    メールで返事が欲しい方は下記URLからメッセージをお願いします。
    http://6714.teacup.com/yuki178/mbox

    投票イベント「現代ヴァージョン化したら似合いそうなオペラ!」
    このBlogについて
    当Blogはオペラ・クラッシック音楽・映画・その他芸能やゲーム等のエンターテイメント関連を中心とした雑記Blogです。
    皆様からのコメントをお待ちしております。

    良かったら来て下さった記念にゲストブックに書き込みして下さいね!(^_^)

    コメント投稿欄のパスワード入力フォームはコメント編集用です。
    ただし編集出来るのはコメント本文だけでPNは直せなかった事が分かっています。
    ちなみに、削除は出来ませんので、削除したい場合は下のメールリンクからYUKI@管理人に知らせて下さいね。

    お客様からのコメントにYUKI@管理人がレスを書いた時はコメント一覧のお客様のPNの所にメモ&鉛筆マークが付いています。
    テンプレートに寄ってはYUKI@管理人が書いたレスが名無しになる事も。。。(^^;)

    コメントは営利目的・個人攻撃・無断個人情報掲載・記事と全く無関係のコメントはご遠慮願います。
    該当コメントは見つけ次第即刻削除します。
    当Blogでは宣伝目的防止の為にトラックバックは管理人認証掲載にさせて頂いています。
    トラックバックの設定はクラッシック音楽の関連のみとさせていただきます。
    記事と全くかけ離れた内容のトラックバックは掲載せずに削除しますのでご注意下さい。
    トラックバックの際はコメントを書いていただけた方が有難いです。

    「管理人詳細プロフィール」



    当Blogはリンクフリーですので別に連絡は要りません~!(^o^)

    YUKI@管理人の別主要Blog
    良かったら来て下さいね!(*^o^*)
    コメントも頂けたら嬉しいです!(^o^)

    「おしゃべり写真館」

    「おしゃべり日記帳」

    「ルイス・リマの私的ファンBlog」

    mixiのゆき@管理人プロフ
    最新コメント
    [09/30 ゆき@管理人]
    [09/28 nobu]
    [06/09 ゆき@管理人]
    [06/09 nobu]
    [03/26 ゆき@管理人]
    [03/26 nobu]
    [03/26 ゆき@管理人]
    [03/26 えうりでぃちぇ]
    [03/06 ゆき@管理人]
    [02/28 ゆき@管理人]
    [02/27 nobu]
    [02/16 ゆき@管理人]
    [02/14 えうりでぃちぇ]
    [02/07 ゆき@管理人]
    [02/06 nobu]
    [01/06 ゆき@管理人]
    [01/05 nobu]
    [01/04 ゆき@管理人]
    [01/04 えうりでぃちぇ]
    [09/09 ゆき@管理人]
    プロフィール
    HN:
    ゆき
    年齢:
    49
    性別:
    女性
    誕生日:
    1967/12/06
    職業:
    主婦
    趣味:
    映画・オペラ鑑賞
    自己紹介:
    映画「スター・ウォーズ」とテノール歌手ルイス・リマの大ファンです!
    他ではプレステ2等でゲームもやる事も。。。

    ●持っているゲーム
    「サルゲッチュ2」
    「サルゲッチュ3」
    「サルバトーレ」
    「ミリオンモンキーズ」
    「聖剣伝説2」
    「聖剣伝説3」
    「聖剣伝説/Legend of Mana」
    「聖剣伝説4」

    ●好きな音楽
    ヴェルディ、プッチーニ、ドニゼッティー等のイタリアオペラが大好きです!
    フランスもののグノーあたりも好きですね!

    ●ちなみにmixiに加入しています。
    私の検索キーワードは「ゆき スター・ウォーズ 聖剣伝説 ルイス・リマ」です!

    mixiでのニックネームは「★☆ゆき☆★」です。
    このBlogのプロフ画像と同じ画像を使っています。
    バーコード
    ブログ内検索
    カウンター
    フリーエリア
    アクセス解析
    フリーエリア


    この「コシ・ファン・トゥッテ」どちらも同じだけど、国内盤と輸入版で、輸入盤はメイキングみたいな映像があって面白い!^o^
    リージョンALLなので普通のDVDプレーヤーでも大丈夫の筈。^o^





        ◆ graphics by アンの小箱
        ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]