忍者ブログ
いらっしゃいませ。^o^ようこそ「エンタメおしゃべり帳」へ!^o^ 大量のスパムコメントに業を煮やしたので、コメントを戴ける場合はお手数ですが、「comment」とコメント本文中に入力お願いしますm(__)m コメント投稿認証コード=comment
11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • [PR]

    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    1985年 英国ロイヤルオペラ「ドン・カルロ」

    キャストは次の通り
    指揮=ベルナルド・ハイティング
    オリジナル演出=ルキノ・ヴィスコンティ
    舞台演出=クリストファ・レンショウ
    出演
    ドン・カルロ=ルイス・リマ
    エリザベッタ=イレアナ・コトルバシュ
    ロドリーゴ=ジョルジュ・ザンカナーロ
    フリッポ2世=ロバート・ロイド
    エボリ公女=ブルナ・バリオーニ

    1985年英国ロイヤル・オペラの映像ですが、この中ではもう言うまでも無く、ルイス・リマのドン・カルロの存在が圧倒的なものを感じさせられました。
    彼のドン・カルロは優しさの中に弱さあり、その中にまた突然キレ出すというちょっと怖い雰囲気もあるドン・カルロでした。
    何せリマのドン・カルロって今にも泣き出しそうな雰囲気が物凄く出ていて(終幕では本当に涙を流していますが)、その泣き出しそうになっているかと思えば、突然キレて怒り出す。それと捕らえられる時に声を出して笑っていたり、牢獄の中でニヤリと笑みを浮かべたり等、精神的に不安定そうなこのキャラのイメージを見事に浮き上がらせていたと思います。あとは、とにかくエリザベッタ命・・・って雰囲気がまた良かったです。それと歌声がとにかく美声、外見も超美男子!この映像はリマの魅力がたっぷり味わえます。
    他ではロイドのフィリッポは声はかなり分厚いタイプのバスで、圧倒された雰囲気がありました。けど、息子からも慕われず妻からも愛されない悲痛さを訴える4幕1場でのアリア「一人淋しく眠ろう」のロイドの歌い方は痛々しささえ感じさせてくれました。
    ザンカナーロのロドリーゴはカルロの友人というより、お父さん的友人って雰囲気があって、包容力がある感じが良かったです。
    女性陣はコトルバシュのエリザベッタは声は少し細めと感じましたが、可愛らしさと悲しさを秘めた雰囲気があって良かったです。
    エボリ公女のバリオーニは上品さはなかなかのものでしたが、もう少し歌い方に迫力が欲しいな・・・って所かな・・・。カルロを脅すシーンは、何だかいじめているって雰囲気に思えました。
    指揮は、これまで聴いた中ではどちらかと言うと速いテンポの方に感じました。
    この映像は5幕版だったのですが、やはり「ドン・カルロ」は5幕版の方がストーリー的に筋が通っているって感じで良いです。

    拍手[0回]

    PR

    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    非公開コメント
    この記事にトラックバックする:
    [353]  [352]  [351]  [350]  [349]  [348]  [347]  [346]  [340]  [345]  [344
    カレンダー
    10 2017/11 12
    S M T W T F S
    1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30
    フリーエリア
    「管理人便り」
    お客様に伝えたい事は「管理人便り」に書いていきますのでぜひチェックして下さいね。^^;


    良かったらクリックしてやって下さいね!
    「Web拍手ボタン」クリックでYUKI@管理人へ1000文字程度のメッセージを送信出来ます。
    今後はこちらでWeb拍手メッセージの返信を書かせて頂きます。

    メールで返事が欲しい方は下記URLからメッセージをお願いします。
    http://6714.teacup.com/yuki178/mbox

    投票イベント「現代ヴァージョン化したら似合いそうなオペラ!」
    このBlogについて
    当Blogはオペラ・クラッシック音楽・映画・その他芸能やゲーム等のエンターテイメント関連を中心とした雑記Blogです。
    皆様からのコメントをお待ちしております。

    良かったら来て下さった記念にゲストブックに書き込みして下さいね!(^_^)

    コメント投稿欄のパスワード入力フォームはコメント編集用です。
    ただし編集出来るのはコメント本文だけでPNは直せなかった事が分かっています。
    ちなみに、削除は出来ませんので、削除したい場合は下のメールリンクからYUKI@管理人に知らせて下さいね。

    お客様からのコメントにYUKI@管理人がレスを書いた時はコメント一覧のお客様のPNの所にメモ&鉛筆マークが付いています。
    テンプレートに寄ってはYUKI@管理人が書いたレスが名無しになる事も。。。(^^;)

    コメントは営利目的・個人攻撃・無断個人情報掲載・記事と全く無関係のコメントはご遠慮願います。
    該当コメントは見つけ次第即刻削除します。
    当Blogでは宣伝目的防止の為にトラックバックは管理人認証掲載にさせて頂いています。
    トラックバックの設定はクラッシック音楽の関連のみとさせていただきます。
    記事と全くかけ離れた内容のトラックバックは掲載せずに削除しますのでご注意下さい。
    トラックバックの際はコメントを書いていただけた方が有難いです。

    「管理人詳細プロフィール」



    当Blogはリンクフリーですので別に連絡は要りません~!(^o^)

    YUKI@管理人の別主要Blog
    良かったら来て下さいね!(*^o^*)
    コメントも頂けたら嬉しいです!(^o^)

    「おしゃべり写真館」

    「おしゃべり日記帳」

    「ルイス・リマの私的ファンBlog」

    mixiのゆき@管理人プロフ
    最新コメント
    [09/30 ゆき@管理人]
    [09/28 nobu]
    [06/09 ゆき@管理人]
    [06/09 nobu]
    [03/26 ゆき@管理人]
    [03/26 nobu]
    [03/26 ゆき@管理人]
    [03/26 えうりでぃちぇ]
    [03/06 ゆき@管理人]
    [02/28 ゆき@管理人]
    [02/27 nobu]
    [02/16 ゆき@管理人]
    [02/14 えうりでぃちぇ]
    [02/07 ゆき@管理人]
    [02/06 nobu]
    [01/06 ゆき@管理人]
    [01/05 nobu]
    [01/04 ゆき@管理人]
    [01/04 えうりでぃちぇ]
    [09/09 ゆき@管理人]
    プロフィール
    HN:
    ゆき
    年齢:
    49
    性別:
    女性
    誕生日:
    1967/12/06
    職業:
    主婦
    趣味:
    映画・オペラ鑑賞
    自己紹介:
    映画「スター・ウォーズ」とテノール歌手ルイス・リマの大ファンです!
    他ではプレステ2等でゲームもやる事も。。。

    ●持っているゲーム
    「サルゲッチュ2」
    「サルゲッチュ3」
    「サルバトーレ」
    「ミリオンモンキーズ」
    「聖剣伝説2」
    「聖剣伝説3」
    「聖剣伝説/Legend of Mana」
    「聖剣伝説4」

    ●好きな音楽
    ヴェルディ、プッチーニ、ドニゼッティー等のイタリアオペラが大好きです!
    フランスもののグノーあたりも好きですね!

    ●ちなみにmixiに加入しています。
    私の検索キーワードは「ゆき スター・ウォーズ 聖剣伝説 ルイス・リマ」です!

    mixiでのニックネームは「★☆ゆき☆★」です。
    このBlogのプロフ画像と同じ画像を使っています。
    バーコード
    ブログ内検索
    カウンター
    フリーエリア
    アクセス解析
    フリーエリア


    この「コシ・ファン・トゥッテ」どちらも同じだけど、国内盤と輸入版で、輸入盤はメイキングみたいな映像があって面白い!^o^
    リージョンALLなので普通のDVDプレーヤーでも大丈夫の筈。^o^





        ◆ graphics by アンの小箱
        ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]